NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

大阪ビル放火、なぜ谷本容疑者は他人を巻き添えに無理心中?無差別殺人が頻発の背景

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
大阪市北区・ビル放火事件
大阪市北区・ビル放火事件

 大阪市北区の「西梅田こころとからだのクリニック」から出火し、24人が死亡した放火殺人事件で、大阪府警は放火犯を、このクリニックに通院していた61歳の谷本盛雄容疑者と特定した。

 出火後、谷本容疑者が逃げるようなそぶりはなく、むしろ火に向かっていくような動きを見せる様子が防犯カメラに映っていたという。したがって、谷本容疑者は、もともと自殺願望を抱いていて、クリニックの医師やスタッフ、通院患者などを道連れに無理心中を図った可能性が高く、「拡大自殺」と考えられる。

 谷本容疑者は、約10年前、2011年4月にも長男を包丁で刺したとして殺人未遂容疑で逮捕されている。2008年に離婚した谷本容疑者は、離婚後1人暮らしの寂しさから元妻に復縁を申し込んだものの断られ、孤独感が募って、次第に自殺を考えるようになったようだ。しかし、1人で死ぬのは怖かったのか、“働かず元妻に迷惑をかけている”という理由で長男を道連れにしようという考えが浮かび、元妻と息子2人が暮らしていた家で、長男の頭部周辺を何度も出刃包丁で刺した。裁判では、家族を道連れにするのは「家族に対する甘え」とみなされ、懲役5年が言い渡された(「文春オンライン」12月18日配信)。

 こうした経緯を振り返ると、谷本容疑者はもともと自殺願望を抱いていた可能性が高い。服役して出所後は、さらに孤独感を深めたようで、「1人ぼっちだと、悩みを打ち明けていた」との証言もある。この孤独感、そしてそれによる厭世観と絶望感が自殺願望に拍車をかけたことは十分考えられる。

 問題は、自殺願望を抱いている人が、なぜ他の誰かを道連れにして無理心中を図るのかということだ。巻き添えにするのが今回のように赤の他人のこともあれば、愛する親や子、あるいは配偶者のこともあるが、なぜおとなしく1人で自殺しないのかという疑問を誰でも抱くだろう。そこで、今回はこの問題を分析し、「拡大自殺」の根底に潜む病理を明らかにしたい。

自殺願望は反転したサディズム

 そもそも、自殺願望は、たいてい他人への攻撃衝動の反転したものである。重症のうつ病では自殺願望がしばしば出現するが、最初は他の誰かに向けられていた攻撃衝動が反転して自分自身に向けられるようになった結果芽生えたとみなすのが妥当だと思う。

 これは私だけの見解ではない。たとえば、M・ベネゼックは「うつ病患者の自殺は、サディズムが反転して自分自身に向けられた証拠である。これは、他の誰かを殺そうとする意図なしに自殺することはありえないという説の裏づけになる」と述べている。さらに、M・グットマッハーも、「自分自身の殺害は、憎しみの対象である誰かを象徴的に殺す行為」であり、とくに「抑うつ的な人間の自殺は、しばしば両親のどちらか一方の殺害として解釈される」と述べている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合