NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

中国、コロナ拡大で北京五輪に暗雲…西安市、予告なしの都市封鎖で世界経済を寸断

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
中国・西安
中国・西安(「gettyimages」より)

 中国西部における最大の工場設備製造拠点である陝西省西安市は23日午前零時(日本時間同1時)、新型コロナウイルスの感染拡大により、約1300万人の市民は居住地からの移動が禁止となり、市全域が完全に封鎖されるという事態が現実のものとなった。市民はロックアウト(都市封鎖)を直前まで知らされず、ようやく前日の夕方になって事実を知った人々は競うようにして買い物に走り、売り場からは食料品が消えた。ある市民は「まるで刑務所にいるようで、気が狂いそうだ」とSNSで鬱憤をぶつけた。

 中国の習近平指導部は市政府の対応の遅れにいら立ちを強めており、責任者を処罰するなど対応に追われているが、今後ロックダウンが長引けば、航空宇宙、自動車、および電子産業が集中している西安市に進出している外資企業はほとんどが操業停止を余儀なくされることが予想される。国際的なサプライチェーンにも影響を与えることは必至で、中国経済全体にも影響を与えるばかりか、2月の北京冬季五輪にも影を差すことになるなど、国際的な影響の軽視できないだけに、対応に苦慮している。

武漢の閉鎖以来、最大規模の発生防止対策

 西安市では12月9日に初めて現地で患者が確認された後、22日に感染者が急増、3日連続で1日の患者は2桁となり、この時点での累積患者数は235人となった。さらに、25日に陝西省で新たに確認された患者は157人(うち西安では155人、咸陽で2人)と急激に増加している。

 西安市疫病予防管理総隊は22日午後4時から、市内の交通を厳しく管理し、特に理由のない外出や他地域からの車両や人が市内に入ることを禁止。23日午前0時から市内の企業や学校などの公的施設はすべて「閉鎖状態」に入った。これは昨年の湖南省武漢の閉鎖以来、最大規模の発生防止対策となった。

 米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」によると、西安市全域閉鎖のニュースが流れるや否や、多くの住民は大慌てでスーパーに食料を買いに行き、中国版ツイッター短文投稿サイト・微博(ウェイボー)や百度(バイドゥ)に転載された動画では、食料品の売り場の棚に上がって食料を奪い取っている姿が映し出された。

 ウェイボーでは「高速鉄道の駅が閉鎖され、誰も入れなくなった」「閉鎖2日目は学校から出られず、水も電気もなく、食べ物もない・腹ペコでネットで授業を受けるしかなかった」との投稿が見られ、「市街地閉鎖の初日に発狂しそうだ。まるで刑務所のようだ。何もない」とやるかたない憤懣をぶつける声も。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合