NEW

『青天を衝け』渋沢栄一から第一国立銀行を任された男、佐々木勇之助…その有能すぎる人生

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】, ,
『青天を衝け』渋沢栄一から第一国立銀行を任された男、佐々木勇之助…その有能すぎる人生の画像1
勤勉な仕事ぶりが渋沢栄一に認められ、第一銀行頭取を務めた佐々木勇之助。NHK大河ドラマ『青天を衝け』での算盤対決、あそこで挙手できる時点でやはり凡人ではない気がする……。(画像はWikipediaより)

佐々木勇之助、軍艦奉行などを歴任した藤沢次謙より算術を教わる

 昨年12月26日に最終回が放送されたNHK大河ドラマ『青天を衝け』。このドラマでは、渋沢栄一(演:吉沢亮)が第一国立銀行で執務をとっていると、必ず出てくる人物がいた。佐々木勇之助(演:長村航希)だ。

 たとえば第32回「栄一、銀行を作る」(10月24日放送)において、外国人との算盤による計算対決を制した男といえば、「あぁ、そんな人、いたっけなぁ」と思い出す方もいらっしゃるだろう。

 栄一は第一国立銀行頭取を務めるかたわら、あちこちで企業を創っては、あとを託す人材を見つけて、その経営を任せていった(でなければ、あんなに多くの企業をつくれない)。当然というか、第一国立銀行においてもガッチリ経営を任せられる人材がいたからこそ、あちこちで企業を創ることができたわけである。そして、まさにその第一国立銀行の経営を任せていたのが、佐々木勇之助なのである。

 佐々木勇之助(1854~1943年)は江戸本所の浅野邸で生まれた。父が旗本・浅野氏祐(うじすけ)に仕える武士だったのだ。

 勇之助は幼い頃に「藤沢ジケン」から算術を習ったという。藤沢次謙(つぐよし)のことだろう。次謙は講武所頭取、軍艦奉行、陸軍奉行並を歴任した有能な旗本だった。ちなみに主君の浅野氏祐もデキる旗本で、江戸で和宮(演:深川麻衣)の縁談に関わる雑務に携わり、神奈川奉行、外国奉行、陸軍奉行並、勘定奉行を歴任している。

 江戸時代は身分の上下が厳しい階級社会で、特に武家社会ではそれが厳格だったが、ひとつの例外があった。勘定方、今でいう大蔵・財務官僚である。こればっかりは世襲でおバカでは務まらない。低い身分からの抜擢が少なくなかった。そうした観点から、勇之助は幼い頃から算術を習わせられたのだろう。

 明治維新が起こったとき、勇之助はまだ満14歳。父は浅野邸を引き払って、炭屋を始めては失敗し、砂糖屋や質屋を開業したが、これもうまくいかずで困っていた。その頃、父の友人の子息が明治新政府の為替方に務めており、その友人らの勧めで勇之助は為替方に入ることになった。新政府の金融機関のようだが、実態は三井・小野組らの商家がそれぞれ人を出して運営していたらしい。

佐々木勇之助、19歳で日本最初の銀行、第一国立銀行へ転籍…「将来見込のある有望な青年」

 三井・小野組らが第一国立銀行を設立すると、勇之助は同行に転籍した(渋沢栄一は勇之助を、三井から来た人物と認識していた)。

 第一国立銀行は日本最初の銀行なので、当然、銀行実務がよくわかっていない。そこで御雇い外国人のイギリス人、アラン・シャンドがやってきた。そう、『青天を衝け』で、算盤対決をしたあの外人サンである。そこで栄一は、人物を厳選してシャンドに銀行実務を学ばせた。

 栄一は「この人選に際し、『元三井組の事務方に居った佐々木勇之助という青年は、歳の若いに似ず却々(なかなか)頭脳も確(しっ)かりして居り、算数の事も達者で物の役に立つ人間である』という進言があったので、二三の質問に対してもキビキビとして少しも臆せず答弁したので之(こ)れは将来見込のある有望な青年だと思った。それで……抜擢されて伝習生となったのであるが、果たして私の見込んだ通り、銀行条例などに就いて最も早く理解し、洋式の簿記法を始め諸般の事務にも衆(しゅう)に優れて練達し、規則上からも実務上からも其の進歩が眼立って速(すみや)かであった。私は益々頼もしい青年と思うて特に注意する様になったのである」。

 当時、栄一は33歳、勇之助は19歳だった。

 そして、横浜の商人が銀行に10万ポンドを持ち込んだ時に、他の行員では円換算ができず、勇之助がただちに換算したことが、栄一からの信認を決定づけた。勇之助に奥で経理をやらせておくにはもったいないから、営業部にまわせと指示したという。

 地方でも銀行設立の動きが広がったが、何分、銀行業がどういったものかがわからない。そこで、国内初の銀行である第一国立銀行(というか栄一)に教えを請いにきた。だが、直接指導するのは栄一ではない。現場の行員である。主に勇之助と長谷川一彦という同僚が応対した。もっとも「他から習いに来ると云っても行内に稽古場があったのではなく、私共が仕事をしている傍に来て教わるだけでした。見学です」とのことなのだが。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合