NEW

「佐渡島の金山」文化遺産推薦で日韓関係こじれ、元凶は安倍元首相の介入だった

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
「佐渡島の金山」文化遺産推薦で日韓関係こじれ、元凶は安倍元首相の介入だったの画像1
安倍晋三氏の公式Twitterより

 緊迫するウクライナ情勢について、2月9日、岸田文雄首相が意見交換のため首相官邸に招いたのは、安倍晋三元首相だった。30分ほどの会談を終え、記者団に囲まれた安倍氏は「私の今までの経験の中で、アドバイスができることがあればということで少し話した」と答え、満足気だった。対ロシア外交についても安倍氏は岸田氏に助言したという。

「ロシア外交といいますが、北方領土問題ではプーチン大統領に手玉に取られて二島返還での交渉に転換させられた挙げ句、その二島返還交渉すら前に進まなかったのに、どの口でロシア外交を語るんですかね」(自民党ベテラン議員)

 自民党内には冷ややかな声もあるが、安倍氏本人は再び「外交の安倍」をアピールできる場面が増えていることを歓迎しているようすだ。

 冒頭の岸田氏との会談では、「佐渡島の金山」(新潟県)を世界文化遺産候補としてユネスコに推薦したことも話題に上ったという。これも安倍氏の強い意向が働いた結果だった。佐渡島の金山について「朝鮮人の強制労働の現場だ」と主張する韓国からの反発が予想されるなか、当初は外務省を中心に世界文化遺産登録への申請には消極的だった。

 しかし安倍氏が、「論戦をさけるというかたちで登録を申請しないのは間違っている」と、政府の姿勢を批判。高市早苗政調会長ら自民党内保守派もこれに同調し、岸田氏が「見送り」から「推薦」に転じた経緯がある。岸田氏が推薦決定を発表した直後には、安倍氏はわざわざ「総理の判断を支持します。冷静に正しい判断をされたと思います」とのコメントまで出している。

「外交の安倍」は厄介な存在

 ここまで安倍氏が強気に出られるのは、岸田外交を完全に見下しているからだろう。岸田氏は第2次安倍政権で4年8カ月にわたって外務大臣を務め、その在任期間は歴代2位を誇る。だが、安倍政権の外交マターは、実際は安倍氏が外相の頭越しであらゆることを決めていた。安倍首相が事実上、外相も兼務していたようなものだった。

 だから岸田氏は、首相になって初めて自らの外交ができるはずだったが、政権発足後の最初の外遊先として熱望していた訪米はいまだ実現していない。岸田氏に尻を叩かれ、外務省が必死に日米首脳会談を調整したものの、米国側は新型コロナウイルス対策を理由に受け入れず、結局、電話首脳会談で済まされている。

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合