NEW

秋篠宮家・悠仁さまも拒絶なされた「学習院」の知られざる特徴…選ばれない理由

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
秋篠宮家・悠仁さまも拒絶なされた「学習院」の知られざる特徴…選ばれない理由の画像1
学習院大学(「Wikipedia」より

 2月16日、宮内庁は秋篠宮家の長男・悠仁さまが筑波大学附属高校へ合格されたことを発表し、4月に同校へ入学された。皇族といえば、これまでその多くが学習院を選択されることが多かっただけに、戦後初めて学習院中・高等科以外に進学された皇族の誕生は、大きな注目を集めた。

 一般的に“皇族といえば学習院”というイメージが強いが、学習院がどのような歴史を持ち、どのような特徴があるのかは、あまり知られていない。そこで今回は、大学を中心とした学校実情に詳しいジャーナリストの石渡嶺司氏に解説してもらった。

公家のための教育機関として誕生し、皇室とともにあり続けた「学習院」

 学習院とはどういった成り立ちの教育機関なのか。

「現在、学校法人学習院が運営している教育機関で、学習院幼稚園、学習院初等科、学習院女子中・高等科、学習院中・高等科、学習院女子大学、学習院大学の6つの幼稚園・学校を有しています。

 その歴史は、1847年に仁孝天皇が京都御所に、公家を対象とした教育機関『学習所』を建てられたのが始まりとされています。その後、明治維新で江戸が東京と改称、首都が東京に定められたのちの1877年に、華族学校として東京に移転。名前を『学習院』と改めました。さらに、当時は“皇室が設置する私塾”という位置付けだったのですが、1884年に“宮内庁管轄の官立学校”に改められたのです。

 この頃から、“皇族とその子弟は原則として無償で入学できる”ということ、そして“平民階級の入学は一部しか許可しない”ということも定められています。また、この時点では旧制7年制高等学校に相当するという扱いでした。その後、1908年に現在の目白(東京都豊島区)に移転。そして、第二次大戦後の1949年に新制大学として再出発をして現在に至ります。

 少し補足するならば、昔は“特権階級と平民が同じ教育を受けてはならない”というような考えが強く、そのことを示すともとれる事例として、1926年に出された『皇族就学令』があります。それまで慣習的に学習院へ就学していた皇族たちでしたが、この法が定められて以降、“皇族たちは学習院へ通わなければならない”とされたのです」(石渡氏)

「皇族就学令」の存在以外にも、当時の皇族が学習院を率先して選んだ理由と推察できることがあるという。

「それは昭和天皇の存在です。昭和天皇はかつて、側近に対して自身の子弟の進学に関することを述べた書簡を残したことがありました。そこには“子弟が通う大学を選ぶとしたら東大か学習院になるだろう”というようなことが書かれており、学習院に通うことをある意味推奨していたとも考えられるわけです」(同)

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合