NEW

芦田愛菜、慶應大「医学部」内定報道の真相…女優との両立は非現実的

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
芦田愛菜、慶應大「医学部」内定報道の真相…女優との両立は非現実的の画像1
芦田愛菜

 5月に入り、女優・芦田愛菜が在学中の名門私立女子高から系列大学の医学部に進学することが“内定した”と複数のメディアが報じている。

 2007年に当時3歳で芸能界入りした芦田は、子役として活動するなか、10年4月期の連続テレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)への出演を機に大ブレイク。11年にはNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』に出演したほか、同4月期の『マルモのおきて』(フジテレビ系)では連ドラ初主演を果たした(阿部サダヲとのダブル主演)。なお、同ドラマ開始時の芦田は6歳で、ゴールデン帯の連ドラ史上、最年少での主演となった。

 また、『マルモのおきて』の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」は、芦田と、子役として共演した鈴木福の役名での「薫と友樹、たまにムック。」(ムックは劇中に登場する犬の名前で、やはり子役だった岡亮が声を担当)の名義で歌唱。同曲で、この年の大みそかに放送された『NHK紅白歌合戦』にも出場している。

 これ以降も、芦田はさまざまな作品に出演しながら“人気子役”から“人気女優”に成長。最近では20年の大河ドラマ『麒麟がくる』などに出演し、今年6月には主演映画『メタモルフォーゼの縁側』の公開も控えている。女優業以外にも、19年にスタートしたバラエティ番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)で、サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしとともにMCを担当。芦田の芸能活動は多忙を極めているかのようにみえる。

 一方で芦田は、17年4月に東京の難関私立・慶應義塾中等部に入学。同19日放送の情報番組『スッキリ』(日テレ系)にVTR出演した際、将来の夢について「医学系の道に進みたい」「病理医になりたい」と語っていた。病理医とは、顕微鏡などで人の細胞や組織を観察し、診断を下す医師のこと。芦田の夢を聞いた番組出演者らは、感心しきりだった。

「芦田はこの中学校に入学してから、『化学研究会」と『マンドリン部」の2つに入部。3年生になって芸能活動に支障があるということで化学研究会は辞めてしまったという。

『昨年の化学研究会の発表では、実験用ゴーグルを付けた愛菜ちゃんが、使い捨てカイロの仕組みを説明していました。実際に鉄砂を使って、集まった子供たちに丁寧に実験と解説をして大好評でした。今年は見られなくて残念です』(同校生徒の父兄)」(19年12月7日付当サイト記事より)

医師へのハードル

 その後、芦田は内部進学した女子高に通いながら学業と芸能活動を両立させてきたが、一部メディアは、芦田は系列である慶應義塾大学の医学部への内部進学が内定したと報道。同大学の医学部に推薦で進めるのは、女子高からはたったの5人だという。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合