NEW

【発走直前・天皇賞・春(G1)】競馬の「醍醐味」がここに! ゴールドアクターは「現役最強」の称号に近づけるか!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ古馬頂上決戦・天皇賞・春(G1)のスタートが近づいてきた。

 1番人気は昨年の有馬記念や今年の日経賞など5連勝中のゴールドアクターだが、現状3.7倍と一極集中とはなっておらず、武豊騎手騎乗のキタサンブラックが現状4.5倍で続いている。その後にシュヴァルグラン、フェイムゲーム、サウンズオブアースとここまが1ケタ台の人気となっており、ファンの迷いがうかがえる形となっている。

 とにもかくにも「荒れる」というイメージ、そして実績の多い天皇賞・春だけに、どのような組み合わせで買おうか迷うのも無理はない。関係者側からしても、特にゴールドアクター陣営としては大きなプレッシャーを感じているところだろう。

 現代の日本競馬は完全なる「スピード重視」となっている中で、同レースは過去の日本競馬の名残りを色濃く残している。スタミナや折り合いなど競走馬としての総合力、騎手の手腕が問われる淀の3200mは、本来「チャンピオンホース決定戦」としての位置づけだった。シンボリルドルフやメジロマックイーン、スペシャルウィークにテイエムオペラオー、そしてディープインパクト......歴史に名を刻む名馬の名がずらりと並ぶ。

 スピード主体の競馬潮流の中、種牡馬という観点からすれば同レース勝利の価値は他のビッグレースと比較して低い部分もあるかもしれない。しかし、往年のファンの中には歴史あるこの長距離戦には「競馬の醍醐味」が詰まっていると考えている人も少なくないだろう。

 今年はここ数年ではもっとも個性的かつ未知数なメンバーが揃った。とりわけゴールドアクターは、このレースに勝てば「現役最強」の称号にさらに近づくこととなる。歴史に残る名勝負を期待したい。スタートが本当に待ち遠しいレース直前である。

【発走直前・天皇賞・春(G1)】競馬の「醍醐味」がここに! ゴールドアクターは「現役最強」の称号に近づけるか!?のページです。GJは、競馬、ゴールドアクターサウンズオブアース天皇賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!