NEW

能年玲奈「事務所独立決定的」報道も、独立で女優業は困難!? 「洗脳疑惑」や「真実」一切明かされず、業界も世間もシカト確実?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
live0319.jpg

 連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で大きな注目を集め、その後主演映画をちょこちょことやって、そこからCMだけしか出演せず、今ではブログでの様子しか話題にならなくなった能年玲奈。そんな彼女が「事務所独立決定的」と報じられたのだが、世間の騒ぎっぷりを見るに、その人気は健在の様子だ。

 以前より、都内で同居する演出家女性の「洗脳疑惑」が取りざたされていた能年。能年自身もその女性に心酔しているという話もあり、事務所であるレプロエンタテインメントとの契約延長交渉にも応じなかったようだ。少しも表に出てこないあたり、やはりどこかキナ臭い印象を受けてしまう。15年1月に個人事務所を設立したそうだが、業界的にこの勝手な行動は「ルール違反」ということらしい。

 今後独立して芸能活動を行うのか、小泉今日子の事務所に行くなんてウワサもあるが、明確な回答は得られていない。一つだけ言えることは、能年の「イメージ」は今後の仕事をする上でずいぶん落ちてしまったということだろう。

「洗脳」の疑惑にブログでの「奇行」など、能年はあまりにも多くのマイナスイメージをなかなか表に出てこないこの1年近くの間に溜め込んでしまった。それが払拭されることのなく「謎」のまま現在まできてしまったことが何よりのダメージといえる。

 ネット上には「もう過去の人」という声も。有村架純や高畑充希など、同世代かつキャラクターも似た女優が台頭してきた。能年はその中でもより個性的な存在ではあったが、さすがにブランクが空きすぎている。売り出しどころでまったく出ず、すでに「イス取りゲーム」はいっぱいの感がある。

 さらに、独立して仕事をするのであれば、もっとキャリアを積むのが業界の常識。いきなり独立して仕事が順調に舞い込むのかも大いに疑問だ。

 ブレイク必至だった能年にブレーキをかけたのは、他ならぬ演出家の女性という意見も非常に多い。若い女優を縛り付ける意図がどこにあるのかは極めて謎で、具体的な説明がない限りバッシングもなりやまず、今後のステップアップにつながるとも到底思えない。

 とにかく、世間やマスコミの疑問に一切「真実」を話さない状態の能年サイド。ここをある程度公にしない限り、彼女の芸能界での将来はないのではないか。「人生は夢だらけ」とは限らないようだ。

能年玲奈「事務所独立決定的」報道も、独立で女優業は困難!? 「洗脳疑惑」や「真実」一切明かされず、業界も世間もシカト確実?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!