NEW

「セレクトセールの超高額馬」から「米三冠を狙える大器」まで!ドゥラメンテ&モーリスの最強・堀厩舎の来年クラシックは『世界』を股に掛ける逸材揃い

【この記事のキーワード】, ,
horikyuusha.jpg堀宣行調教師(Cake6より)

 昨年の年度代表馬モーリスの安田記念敗退に、二冠馬ドゥラメンテの故障引退。この春は堀宣行厩舎にとって、あまり喜ばしいものではなかったかもしれないが、それでも堀厩舎が今最も勢いのある名門の一つであることに変わりはない。

 今年の3歳世代は昨年のドゥラメンテが派手だったため地味な印象があるが、それでもスプリングS(G2)勝ちのマウントロブソン、今週のジャパンダートダービー(G1)でも有力視されているストロングバローズなど将来が楽しみな粒ぞろい。すでに約半数が勝ち上がっている。

 そこで前回の池江厩舎に引き続き、今回も翌年の頂上決戦、そしてその後の覇権争いを見据えてデビュー前から「評判の2歳馬」を堀厩舎からピックアップしたい。

ヘリファルテ

牡・血統/ディープインパクト×シユーマ(Medicean)

 本サイトの『理論上は来年の三冠馬?「ディープインパクトの跡継ぎ」を作るための傑作『成功の方程式』を持つ名馬がデビュー(コチラ)』でも紹介したヘリファルテ。母シユーマはこれまでディープインパクトが成功したあらゆる相性の良い血統を持ち合わせており、まさにディープインパクトと配合するために社台グループが購入した外国馬だ。

 まだ入厩こそしていないが、馴致先のノーザンファームでの評価は上々。「順調に増えて現在は476㌔ぐらい。身体の造りもしっかりとしてきましたし、いい成長を見せています。坂路でハロン15秒を少し切るタイムを出していますが、ストライドが大きく、力強い走りを見せています。気性も素直で乗りやすいですし、長い距離もこなせると思いますよ」と話すのは、育成を担当する藤波明氏だ。

 入厩は秋以降の予定だが、順調にいけばクラシックに十分間に合うだけに楽しみだ。

サトノヴィクトリー

牡・血統/ディープインパクト×ジョコンダII(Rossini)

 本サイトの『里見治氏、サトノダイヤモンド以上の「最終兵器」が今年デビュー! 驚愕の落札価格とこの時期恒例の「化け物」(リンク)』でも紹介されているが、デビューから昨年の弥生賞(G2)まで3連勝。今年になっても京都記念(G2)を制したサトノクラウンの半弟となるサトノヴィクトリー。

 昨年のセレクトセールで、2億3500万円で落札された良血馬は、父がサトノクラウンのMarjuからディープインパクトに替わったことでスケールアップ。「いい馬が持っている要素を感じますよね。ディープインパクト産駒らしい、しなやかさがあります。独特のオーラをまとっていますし、奥がありそう。ポテンシャルの高そうなニオイがしますよ」とこちらもノーザンファームでの評価は高い。間違いなく、クラシックを意識しなければならない逸材だ。

「セレクトセールの超高額馬」から「米三冠を狙える大器」まで!ドゥラメンテ&モーリスの最強・堀厩舎の来年クラシックは『世界』を股に掛ける逸材揃いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は