NEW

パチスロバブルは終わらない!? 『GOD』『バジリスク』に新基準への”秘策”はあるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチスロバブルは終焉してしまうのか……?

 2016年8月1日より純増2枚を超えるAT機の導入が完全禁止となり、パチスロは『5.9号機』の時代へ突入。

『5.9号機』の大きな特徴は、ART突入抽選及びART中の性能に設定差があってはならないという点だ。そして続くゲーム数は最大1,500Gまでとし、強制リセット初期化機能が搭載される。

 更にARTの最大払い出し枚数は1Gあたり2.0枚に押さえられる事となり、出玉は「MAX3000枚以内」という事が決定的。

 つまり夢の”万枚”の達成は不可能になったと言わざるを得ず、スロット遊戯者の減少は避けられない……「パチスロバブルは終焉を迎える」と報じられている訳だ。

 しかし本当にそうなのだろうか?

 パチンコ・スロットの歴史は規制と共に創られてきた。最も大きな反響を呼んだのは、多くのスロット遊戯者を熱中させてきた『4号機』終焉の時代であろう。

 短時間で出玉を大量獲得できる機種が次々と登場し、1日で数万枚以上を得る事も珍しくはなかった『4号機』時代。しかし「賭博性・中毒性が強すぎる」という理由から規制がかけられる事になる。

 短時間での出玉制限やボーナスのストック機能が禁止。出玉率が抑えられた『5号機』への移行が決定した際には、当然ながら今回のようにスロット遊戯者の減少が取り上げられた。

 しかし、移行初期にこそ明らかな影響が見られたものの、結果として『5号機』は多くの人間に認められる結果となった。

 各メーカーは『4号機』に近い出玉性能を実現すべく”規制の抜け道”を模索し続けた。例えば特定役をナビで外させる事によってRTを延命させる事に成功。

 最も大きいのは当たり前になっている高純増ATだが、これもボーナスの純増枚数を0にする事で実現。結果として『4号機』と比較すれば多大な時間を要するものの、万枚……いや2万枚クラスも獲得可能な機種を生み出し、スロット遊戯者の心を掴む事に成功したのだ。

パチスロバブルは終わらない!? 『GOD』『バジリスク』に新基準への”秘策”はあるのか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事