NEW

現役パチンコ店店長の「ホンネ」 業界を救うカギは、飛躍的に高まった「設備の充実化」ではない!? 失われつつある心意気とは

【この記事のキーワード】, ,

 下皿部分のレバーを引くだけで、スムーズに玉が流れるパチンコとは異なり、基本的に台の右側に設置されている事が多いスロットの『各台計数システム』は、自らの手で流し込まねばならない。

「今までと変わらない」「メダルがこぼれる」「やり辛く時間のロス」といった意見が挙がっているのは事実だ。

 店側は両者の違いをどのように考えているのか?今回は、その内容を「番外編」として紹介させて頂きたいと思う。

-以下は『Y氏』への取材を要約した形である。

記者:スロットに関してはどうでしょうか?パチンコに比べれば少ないですが、スロットの『各台計数システム』を導入している店もあります。

Y氏:スロットに関しても同じでしょう。お客様に楽しく遊技してもらえるという利点はありますが、一発で分かる”出玉感”は感じられなくなります。ただ、スロットに関してはメダルをきれいに詰め込む(木の葉積み・俵積みなど)事も楽しみの一つです。それもあって、お客様の中には「現状のままでいい」と考えている方もいらっしゃいます。

記者:基本的に1回の大当たりで箱が一杯になるパチンコは忙しい。ですから、自動で玉が流れる事はとても便利です。しかしスロットはそうではない。自分のペースで遊技できる点が特徴であり、下皿が満杯になれば自分で箱へ詰めます。それを普通に思っていれば「必要ない」と言うかもしれませんね。

Y氏:それもあるでしょう。様々な面でパチンコほどの利点はない(スロットへ『各台計数システム』を導入する事に)という意見があるのも事実です。

記者:確かにそうかもしれません。ただ、そこで気になる事があります。かつてはパンクの可能性があった為「大当りが始まったら席を離れられない」という考えがパチンコにはありました。しかし、今のCRにはパンクの心配がありません。それでも店側の箱替えは当たり前となっていますよね。その点はどのようにお考えですか?

現役パチンコ店店長の「ホンネ」 業界を救うカギは、飛躍的に高まった「設備の充実化」ではない!? 失われつつある心意気とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合