NEW

ブチコが今度は「ゲート破壊」で出走停止に!? 見た目に似つかわしくない暴れん坊の今後

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
buchiko.jpg
※画像:『競馬つらつら』より

 白毛、まだらな「ブチ模様」でアイドル的人気を誇るブチコがまたやらかした。

 事件は17日、京都9Rの雅ステークスで起こった。ブチコは1枠1番の最内を取り、1番人気に押されていた。だがレースが始まる前に、ゲートを潜ろうとして前扉の一部を破壊してしまう。その結果、1枠ではなく大外枠からのスタートとなってしまった。

 レースはコクスイセンが引っ張る展開。注目のブチコはなんとか中団につける。最後の直線に先頭で入るもコクスイセンは二の足を発揮し、追いすがる他の馬を引き離してそのままゴール。ブチコは健闘したものの、他の馬にフタをされて前に出ることができず4着に終わった。

 期待されていたもののレース前のゲートで失敗したブチコ。同馬はゲートに難がある馬として知られている。これまでも昨年の4月マリーンCでゲートを突進してこじ開けて放馬、除外。また次走の麦秋Sでもスタート直前にゲートをくぐり抜け、外ラチに激突しながら超えてしまい、またも除外されてしまった。

 その後、ブチコは発走調教再審査を課されてしまい、後日栗東トレセンでゲート試験を受ける。10月の試験では浜中俊騎手を背に無事合格、復帰してこれまでレースにも2度出走していた。だが、陣営は復帰する前に、「動きよりもゲートが心配」と漏らしていたと各スポーツ紙で伝えられている。今回はその不安が嫌な形で的中してしまったようだ。

ブチコが今度は「ゲート破壊」で出走停止に!? 見た目に似つかわしくない暴れん坊の今後のページです。GJは、競馬、アイドルゲートブチコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!