NEW

市川海老蔵が「手が滑った」馬券で3285万円ゲット!? 500円のつもりが5万円購入に神様の「贈り物」か4月1日の「珍事」か、冗談に受け取れない数々の「武勇伝」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 果たして、4月1日の「嘘」か、「真」か……。

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が1日、「うげーーースゲーーの当たったーー、中山1レース」と自身のブログを更新。どうやら馬券を買った結果、見事的中に至ったようだが、土曜の朝から馬券購入とは、やはり筋金入りの競馬好きである。

 ブログには三連単を500円買うつもりだったが、手が滑って5万円も購入してしまった模様……しかし、これが的中してしまう?のが海老蔵の持って生まれた豪運か。

「しかし、きた……っていくらよ…まじか?!やばっ、金持ちになってしまった」

 本人は「朝の珍事」と笑っているが、中山1レースの配当はなんと657倍。5万円購入していれば3285万円の払い戻しだ。「神様ありがとう」とブログは締められているが、さすがの海老蔵でもこんな話があるのだろうか……。

 というのもこの日は4月1日。つまりはエイプリルフールである。ブログを閲覧したファンからも「エイプリルフールのネタ?」「エイプリルフールですよね^^」「嘘だよね…?」と4月1日を勘ぐるコメントが殺到。

 本人はその後、別の投稿で「ってか、今日四月一日のエイプリルフールなんですね!?今知った」と明かしているが、芸能界でも屈指の競馬好きで知られる海老蔵には、あながち冗談とも受け取れない過去の数々の”伝説”がある。

 記憶に新しいのは、昨年のスプリンターズS&フランス凱旋門賞のダブル的中か。

市川海老蔵が「手が滑った」馬券で3285万円ゲット!? 500円のつもりが5万円購入に神様の「贈り物」か4月1日の「珍事」か、冗談に受け取れない数々の「武勇伝」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!