NEW

田辺裕信騎手の「不気味」コメントが気になる!? 皐月賞(G1)で”絶好調男”が伏兵アウトライアーズに懸ける「気持ち」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
autoraia-zu.jpgアウトライアーズ(競馬つらつらより)

 16日に中山競馬場で開催される第77回皐月賞において、アウトライアーズ(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)は伏兵の1頭に過ぎない存在だ。

 約3カ月ぶりのレースとなった前走のスプリングS(G2)は、前々走で負かしたウインブライトを捉え切れずに2着。内容は決して悪くなかったが、道中でやや引っかかる面を見せるなど、クラシックで勝ち負けするような走りには見えなかった。

 逆に言えば、だからこその伏兵扱いとなっているのだろう。『netkeiba.com』の予想オッズでは6番人気となっている。

 しかし、主戦の田辺裕信騎手のレース後のコメントは何とも不気味なものだった。

『スポーツ報知』の取材に「距離は課題かなと思っていた。実際に2000mを使った時に掛かっていたので。今日は割と前が流れて、リズムは良かったんですが、もう少し切れ味のある馬なので休み明けの分かもしれません。皐月賞はさらに距離が延びるので、力みが取れてほしい。(半馬身差の2着だっただけに)勝ちたかったです」と田辺騎手らしい分析力に長けた的確なコメント。

 だが、最後の「今回負けても、次で勝てればいいです」という、どちらかといえば彼らしくない強気の言葉は、この馬に対する大きな自信の表れなのだろうか。

 この馬のクラシック戦線における位置付けが決まったのが、2歳11月の百日草特別(500万下)だった。

 東京2000mで行われたレースには、後の弥生賞馬カデナとクイーンC(G3)を勝つアドマイアヤミヤビも顔を揃えており、アウトライアーズは彼らに後れを取った3着だった。しかし、本馬にとってはスタートから複数の馬に外から煽り気味に被せられる苦しい展開だった。

 田辺騎手の言葉通り、折り合いに不安のあるアウトライアーズはそうなるともう手綱を引いて折り合いに専念するしかなくなる。それは百日草特別の[3-7-6]という苦しい通過順位を見れば明らかだ。

田辺裕信騎手の「不気味」コメントが気になる!? 皐月賞(G1)で”絶好調男”が伏兵アウトライアーズに懸ける「気持ち」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!