NEW

パチンコ名機の復活にファン歓喜! 「破壊力」と「ドキドキ」融合の新たなゲーム性に大興奮!!

【この記事のキーワード】

, ,

 どこか名作ゲーム『ドラゴン●エスト』を感じさせる仕上がりの『CRドンキホーテ』や、話題の”小当たりRUSH”を搭載した意欲作『CRロボゲイシャ』、『ソフトオンデマンド』との異業種コラボ作を発売するなど2017年も存在感は抜群の豊丸産業。

 そんな同社が、またまた魅力的な台を発表した。2011年リリースのパチンコ『CR悪代官』と、看板コンテンツ『餃子の王将』のゲーム性を融合させた新機種。8月28日に『CR悪代官』のプレス説明会を開催し、注目を集めている。

 玉の動きに一喜一憂する役物機。V図柄当たり確率は1/17.0となっており、見事V入賞獲得で時短100回転「赤鬼モード」へと突入する仕様だ。「赤鬼モード」中の大当たりはオール16Rで1890個の出玉獲得が可能と、十分な出玉感を併せ持つ。

 2回目の大当たり終了後に発生するモード継続50%抽選の「赤鬼ルーレット」も注目すべき点。モード継続抽選の緊張感は、遊技を大いに盛り上げてくれそうだ。

パチンコ名機の復活にファン歓喜! 「破壊力」と「ドキドキ」融合の新たなゲーム性に大興奮!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!