NEW

『はじめの一歩』打ち切りより絶望の「連載継続」宣言! 「愛のない」作品に阿鼻叫喚

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『はじめの一歩』打ち切りより絶望の「連載継続」宣言! 「愛のない」作品に阿鼻叫喚の画像1

 22日の「週刊少年マガジン」(講談社)で、主人公幕の内一歩が通算3敗目、初の2連敗を喫した『はじめの一歩』。読者たちからは落胆と絶望の声が相次いでいる。

 今回の対戦の最中、以前から疑惑が出ていた一歩の「パンチドランカー説」が現実のものとなるような描写があり、その時点で「打ち切り」「連載終了」の声が上がっていた。それでも復活勝利を信じていたファンだったが、今週号でついに終戦。

「今後の展開どうなる」「ここから奇跡の復活なのか」「さすがに終わらせる他ない」と、読者の多くもそのドンづまり加減を感じている様子。これまで、過去の日本王者伊達英二から受け取ったバトン、連載当初から続く宮田一郎との関係など、すべての伏線が無意味になる展開にガックリするのは当然だ。

 パンチドランカーということを考えると、今後完全復活という道はなかなか想像しづらく、もしそれができるとリアリティという面で大きな問題が……。主要キャラの鷹村守も一歩を引退させるべき、という主旨の発言などをしており、それは正解だろう。それが即ち「連載終了」「打ち切り」ということになると思うのだが……。

 だが22日の発売日、同誌の公式Twitterでは、ある意味「打ち切り」よりも深刻な発言が……。

『はじめの一歩』打ち切りより絶望の「連載継続」宣言! 「愛のない」作品に阿鼻叫喚のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!