NEW

JRA吉田豊騎手「頚椎骨折」落馬のショック……「再起不能」説まで飛び出すも、無事祈るファンの声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA吉田豊騎手「頚椎骨折」落馬のショック......「再起不能」説まで飛び出すも、無事祈るファンの声の画像1

 JRA吉田豊騎手が、9日の中山5Rで落馬。脳震盪、頸椎骨折と発表されている。

 当該レースでビクトリーモーンに騎乗していた吉田豊騎手だったが、後方待機で最後の直線を迎えた。すると、馬が突然暴れ出し外側に斜行。吉田豊騎手は振り落とされ、転がりながら地面に叩きつけられた。

 近くに別の馬がいたわけではない中での今回の落馬事故。このレースは新馬戦であり、初めてレースに出たということだ。若駒には時折こうした不可解な行動があるが、それが最悪の形で出てしまったということか。

 そして、診断の結果は「頚椎骨折」。競馬ファンでなくとも、これがどれだけの重症かは想像に難くないだろう。

 吉田騎手は1994年にデビューし、デビュー3年目にはメジロドーベルでオークスと秋華賞を勝利するなど活躍。武豊騎手と比して「東のユタカ」と注目を集めた。その後もコンスタントに勝利を重ね、マイネルラヴ、スマイルトゥモロー、ブルーメンブラットなどでG1も勝利している。愛着ある騎手だけに、今回の落馬は非常にショッキングだ。

「故・後藤浩輝騎手も、長い間頚椎の重症で離脱を余儀なくされており『復帰は絶望的』といわれたことも。今回の吉田騎手も紛れもなく重症であり、一部では『再起できるのか』と疑問の声も出ていますよ。

JRA吉田豊騎手「頚椎骨折」落馬のショック……「再起不能」説まで飛び出すも、無事祈るファンの声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!