NEW

JRA福永祐一「小遣い稼ぎ騎乗」と藤田伸二氏が酷評!? アルバート無念4着をバッサリ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA福永祐一「小遣い稼ぎ騎乗」と藤田伸二氏が酷評!? アルバート無念4着をバッサリの画像1

 18日に行われた阪神大賞典(G2)。3番人気のレインボーラインが最後の直線で力強く抜け出し久々の勝利。本番の天皇賞・春(G1)へ弾みをつけた。

 その一方、単勝1.9倍の断トツの1番人気に推されていたクリンチャーは3着に敗戦。このレースから乗り代わった武豊騎手はレース後、「掛かった。最初のコーナーを曲がるところで、馬が勘違いしたみたい」と序盤のロスを嘆きつつ、「手応えが悪かったのによく伸びた」と相棒をフォロー。だが単勝1倍台と圧倒的な支持を得ての敗戦とあって武豊騎手の表情は晴れず、多くのファンから批判を浴びた。

 だが、それと同等か、それ以上に非難されているのは2番人気で4着に敗れた福永祐一騎手とアルバートだ。

 11頭立てで行われたレースはヤマカツライデンを始め、ムイトオブリガードやトミケンスラーヴァ、そしてかかり気味のクリンチャーが序盤からハナを主張。多くの馬が行きたがった結果、最初の1000m通過は60.1秒と、昨年よりも1秒以上速いタイムを記録した。その後は長距離戦らしい淡々とした流れが続き、そして2度目の第3コーナーで各馬が勝負どころと判断して、スパートを開始。

 アルバートはほぼ最後方という位置から進出。だが前を走る馬に進路をふさがれてしまい、外へ外へと向かわざる負えない苦しい展開になってしまう。このロスも響いてしまったのか、懸命に追ってみせるも先頭には届くことなく4着に終わってしまった。

 このレースを見た元JRA騎手の藤田伸二氏は、公式Twitterを通じて「終始折り合いに専念していた2頭がワンツー!」「最初のコーナーで掛かって佑介を追い抜いた時、佑介はニヤけてただろう。やはり慣れたコンビでのレースが見たかったな!」と、まずクリンチャーの乗り替わりについてチクリ。

JRA福永祐一「小遣い稼ぎ騎乗」と藤田伸二氏が酷評!? アルバート無念4着をバッサリのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!