Business Journal >  > 競馬 > 皐月賞(G1)サイン  > 2ページ目
NEW

皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たちの画像2

 その結果、見事アーモンド(バラ科、サクラによく似た花が咲く)アイが優勝。2着にラッキーライラック(モクセイ科)が入り、3着にもリリー(ユリ目ユリ科)ノーブルが入線するなど、『花』に関連する馬が上位を独占した。

 特にリリーノーブルの百合の花言葉は「純潔」「威厳」ノーブル「気品」と合わせても、ヘッドラインに使用されている「誇り」を連想させる。先週のヘッドラインサインの推し馬は本馬だったか……。4着トーセンブレス(冠名+神の祝福)や、5着マウレア(ハワイ語で永遠の喜び)など、花に関連しない馬たちを退けての馬券圏内独占だけに価値がありそうだ。

 その上で皐月賞のヘッドラインは「唯一の春に叫ぶ、三冠の軌跡の主役は譲れない」である。

 共通するテーマのようなものはなさそうだが、「叫ぶ」から「魂の叫び」という意味を持つハーツクライの産駒に注目。するとホープフルS(G1)の覇者タイムフライヤーと、京都2歳S(G3)の勝ち馬グレイルが該当した。

 どちらも実績がありながら、前哨戦の結果が思わしくなかったために評価を下げている存在。オッズ的には、今回が狙い頃なのかもしれない。

皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事