NEW

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイが丸裸同然!? 現役No.1決定戦ジャパンC「3年連続的中」鉄壁の情報網とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAジャパンC(G1)武豊マカヒキが丸裸同然!? 現役No.1決定戦ジャパンC「3年連続的中」鉄壁の情報網とはの画像1

 11月25日に東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)は、話題の三冠牝馬アーモンドアイも出走するとあって「現役No.1決定戦」として、ファンからも大きな注目を集めている。

 しかし、毎年のように現役トップクラスが集結しているものの、昨年は5番人気のシュヴァルグランがG1初制覇。2013年には三連単で22万馬券が飛び出しており、ジャパンカップは決して一筋縄ではいかないレースだ。

 そういった中、敢然と「3連単勝負馬券」の無料一般公開に乗り出したのが、情報通の競馬ファンから圧倒的な支持を集めている『MASTERS』だ。この情報は本来、MASTERSに所属する会員にしか提供されないものだけに必見だ。

 MASTERSとは、その名の通り「真のプロフェッショナルの集団」である。

 主役となる競走馬に深くかかわり、競馬の中枢を形成している「馬主」「厩舎」そして「騎手」。一般的なマスコミは担当記者がこれらから一括して情報を集めているが、MASTERSはそれぞれの部門を明確に区別してセクションを配置。それも情報を収集しているのは現役の馬主や、元調教師、元騎手といった競馬界に確かな情報網を持つスペシャリストばかりだ。

 この秋も、「馬主」「厩舎」「騎手」それぞれのセクションから競馬新聞などの一般公開されている情報とは比較にならない情報量で、面白いように的中を連発しているMASTERS。まさに競馬は「如何に優れた情報を、どれだけ多く知っているか」が勝負を分けるという、最も基本的なセオリーを体現しているといえる。

 例えばMASTERSの「騎手」セクションには、今回のジャパンCでマカヒキと共に参戦する武豊騎手、「厩舎」セクションには大本命アーモンドアイを送り出す国枝栄調教師の大先輩にあたるOB関係者が在籍しているというわけだ。

 何の奇もてらわない彼らは、完全なる実力主義――つまりは「王道」によって、的中を重ね続けているだけである。我々一般ファンがレース前に競馬新聞を熟読して、わずかでも情報を収集しようとする行為......その延長線上、遥か高みにMASTERSがあると想像して頂いて構わない。

 今回、「ジャパンC(G1)3連単勝負馬券」の無料一般公開にあたり、MASTERSがその情報網の一端を公開してくれたのは、三連単40080円を的中させたシリウスS(G3)だ。

JRAジャパンC(G1)武豊マカヒキが丸裸同然!? 現役No.1決定戦ジャパンC「3年連続的中」鉄壁の情報網とはの画像2

 MASTERSが自信の大本命に抜擢したのは、3歳馬のオメガパフューム。今でこそ、本馬が11月のJBCクラシック(G1)で2着したことや、ルヴァンスレーヴが10月の南部杯(G1)を勝ったことで、一般の競馬ファンも「今年の3歳ダート馬は強い」という印象を持っているので、一見簡単そうな的中に見える。

 しかし、9月のシリウスS開催当時は、当然そういった結果が出る前の話。秋競馬は3歳勢VS歴戦の古馬が大きな見所だが、3歳ダート馬の実力もまだまだ半信半疑の段階だった。

 だが、そういった中でMASTERS はオメガパフュームを断然の1着固定。当然、「この馬が勝つ」というほぼ間違いない確信がなければ、到底できない芸当だ。しかし、MASTERS はこれまで勝負レースでは同様の手法で何度も万馬券を的中させており、その背景には他の追随を許さない圧倒的な情報網が存在する。

 一般の読者に公開できるものを挙げるとすれば、過去10年で9月末までに古馬相手に準オープン(1600万下)を勝ち上がったのが、ジェベルムーサ、タガノロックオン、ワンダーアキュートの3頭しかいないという事実だ。また、古馬オープン勝ちでもエイシンモアオバーとダノンリバティ、ケイアイレオーネの3頭のみ。

 しかし、今年はすでにチュウワウィザードが1600万下を勝ち、ヒラボクラターシュが古馬オープン勝ち。過去10年で6件しかなかった現象が、すでに2件も起きていたということだ。オメガパフューム自身も6月には古馬相手に1000万下を楽勝しており、他にも多数の3歳馬による好走例が見られた。

 これらの情報は一般の競馬ファンでもインターネットなどを駆使して努力すれば、決して導き出せない結論ではない。だからこそMASTERSも今回一般に公開したわけだが、その一方でそれだけ初歩的な情報でさえ、まず「どのマスコミ媒体にも掲載されていない」という現実がある。

 この時点で、我々のような競馬新聞やインターネットに頼り切っている競馬サークルの外側の人間と、競馬サークル内を網羅しているMASTERSとの「揺るぎない違い」が実感できるのではないだろうか。

 結局、その差が最終的に馬券で勝つか負けるかを分かつということなのだろう。

 MASTERS にはこういった多くのマスコミが手にできない「極めて信頼性の高い情報」がいとも簡単に入ってくる。それも、上記は日々数100単位で入ってくる情報の中でも一般公開できるレベルであり、氷山の一角に過ぎないというから驚きだ。

 実際に、上記で名が挙がったワンダーアキュートやダノンリバティは過去のシリウスSでも馬券になっている。この事実だけを見ても、極めて有益性の高い情報といえるだろう。

 なお、MASTERSはジャパンCを「3年連続で的中」させており、数あるG1レースの中でも最も自信のあるレースの1つだという。

 多くの競馬ファン、そしてマスコミも先週まではマイルCS(G1)などの競馬開催があり、ジャパンCを主軸とした情報収集は、むしろこの月曜日からスタートとしていることだろう。

 しかし、その一方で情報網の規模が違うMASTERSは、すでに「ほぼゴールしている」と述べていい。だからこそ、現段階で「ジャパンC(G1)3連単勝負馬券」に踏み切っているというわけだ。

 競馬に例えれば、我々が「馬券的中」というゴールに向けてゲートを飛び出した時、すでにゴール寸前で流しているようなものである。絶望的な差に感じられるかもしれないが、実際にそれだけ情報力、そして何よりも「馬券を的中させるための環境」に差があるということであり、だからこそ毎週のように的中を積み重ね続けている。
(文=編集部)

CLICK → 特別無料公開!「ジャパンC(G1)3連単勝負馬券」MASTERS
※本稿はPR記事です。

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイが丸裸同然!? 現役No.1決定戦ジャパンC「3年連続的中」鉄壁の情報網とはのページです。GJは、競馬、アーモンドアイジャパンC武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!