NEW

何故「今年50歳」武豊がリーディング首位に立てたのか。143勝ペースで20勝一番乗りの”裏”に見える「合理的戦略」とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何故「今年50歳」武豊がリーディング首位に立てたのか。143勝ペースで20勝一番乗りの裏に見える「合理的戦略」とはの画像1

 

 9日、小倉競馬の平成最後の開幕に武豊騎手が参戦し、3連勝を含む4勝の固め打ち。今年の勝ち星を20勝に伸ばし、リーディングトップに立った。

 まだ1年は長いとはいえ、この段階での20勝到達は近5年でも最速。「東京、小倉が開幕した時点」というタイミングなら、2008年以来のハイペースとなる。

 ちなみにこの年の武豊騎手は143勝を上げ、見事リーディングに輝いている。

 昨年76勝に終わったことを踏まえれば、ほぼ倍速のペースで勝ち星を稼いでいることになる。武豊騎手の手綱が冴えわたっていることは当然としても、あまりの好調ぶりにファンの間でも「一体何があったのか」「今年で50歳でしょ!」と話題になっているようだ。

 最も考えられるのは長年、武豊騎手のエージェントを務めた平林雅芳氏が卒業し、今年から新たに豊沢信夫氏と契約したことだろう。

 豊沢氏は昨年、武豊騎手が保持していた年間最多勝記録を13年ぶりに更新したC.ルメール騎手のエージェントとして知られる腕利きだ。

 武豊騎手にとっても強力なパートナーに迎えたことになるが、それでも当初は多くの識者やファンが「ルメールに続くセカンドジョッキーの立場」になると予想し、プラスにはなっても「ファーストチョイスのルメール騎手とリーディング争いをするほどにはならない」と思われていた。

 しかし、この日の東京開催が中止になったことでルメール騎手に騎乗機会がなかったとはいえ、4勝差をつけて武豊騎手がリーディングトップに立っている。

 そこには、今年の武豊騎手に「合理的な戦略性」を感じるという。

何故「今年50歳」武豊がリーディング首位に立てたのか。143勝ペースで20勝一番乗りの”裏”に見える「合理的戦略」とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!