NEW

JRAデムーロ「絶望?」アドマイヤマーズ日本ダービー「回避」ほぼ確定でサートゥルナーリアに戻りたい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAデムーロ「絶望?」アドマイヤマーズ日本ダービー「回避」ほぼ確定でサートゥルナーリアに戻りたい!?の画像1

 10日に東京競馬場で行われた共同通信杯(G3)。7頭立ての少頭数で行われたこのレースで、単勝1.7倍に推された2歳王者アドマイヤマーズ(栗東・友道康夫厩舎)はまさかの敗戦。3番人気のダノンキングリーの後塵を拝する結果に終わった。

 1馬身1/4差の完敗を喫した後、主戦のM.デムーロ騎手は「初めての東京、1800mで色々と考えて乗りました」と語り、「もう少しハイペースだったら違っていたかもしれません。残念です」と無念さを口にしている。

 後日、アドマイヤマーズを管理する友道調教師は、今後は皐月賞を目標にしつつ、NHKマイルC向かうとローテーションを発表。クラシック初戦後、3歳マイル王を目指すことを明らかにした。

「友道調教師は共同通信杯の前には皐月賞に向かうことは確定しているものの、メディアに対して『NHKマイルCか日本ダービーは決めかねている』という趣旨の発言をしていました。ですが、この敗戦でマイルに進むことを決意したようですね。

 まだ日本ダービーへ出走の可能性もあるような書き方をしているメディアもあります。ですが、もともとアドマイヤマーズが共同通信杯で早めの始動を決めたのは、馬の負担を考慮してのこと。王道ローテである弥生賞から始めると、短期間で複数回関東へ輸送しなければならないですからね。陣営はそこまで考えて動いていたので、NHKマイルCから日本ダービーに向かうというのは、ちょっと無理があるのではないでしょうか」(競馬記者)

 日本ダービーへの出走が限りなく0に近づいた印象のアドマイヤマーズ。本馬はマイル以下で活躍している馬を多く輩出しているダイワメジャー産駒。血統的に2000m以上の中長距離は向いていないとはいわれていたが、本馬も距離の壁に泣く形となるのだろうか。

JRAデムーロ「絶望?」アドマイヤマーズ日本ダービー「回避」ほぼ確定でサートゥルナーリアに戻りたい!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!