NEW

JRA石橋脩「レーン地獄」で精神ギリギリか……ルメール復活で待ち受ける「魔の6月」

【この記事のキーワード】, ,

「またレーン騎手の身元引受人は堀宣行調教師。石橋騎手とは昵懇の仲として知られています。ですが、それは通常時だけ。堀厩舎に外国人が入ると、都合のいいように乗り換えられられているんですよ。なのでそちらからの支援もあまり考えられないようです。

 これまでもそのような扱いをされていたので、多くの関係者から石橋騎手にとって特段変わったことではないと思われています。ですが、近しい人からは『引きずったりして騎乗に影響が出なければいいんだけど…』などと心配の声が上がっています。それもそのはず、6月以降はルメール騎手も戻ってきますからね。ルメール騎手、レーン騎手はノーザンファームの馬で勝ちまくるでしょうから、石橋騎手はさらに苦境に立たされることもあるはず。先のことを考えたら、落ち込む気持ちもわからなくもないですよ」(前出・ライター)

 外国人騎手の台頭により、苦境に立たされつつある石橋騎手。挽回のチャンスは訪れるのだろうか。

JRA石橋脩「レーン地獄」で精神ギリギリか……ルメール復活で待ち受ける「魔の6月」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか