NEW

平成最弱のJRA日本ダービー馬はどの馬か?タヤスツヨシ、ワンアンドオンリー、ロジユニヴァース、アグネスフライト?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平成最弱のJRA日本ダービー馬はどの馬か?タヤスツヨシ、ワンアンドオンリー、ロジユニヴァース、アグネスフライト?の画像1

 前回は平成最強のJRA日本ダービー馬を検証したが、今回は逆に平成最弱の日本ダービー馬を検証したい。最強がいれば最弱もいるのが世の常、一度は頂点に立ったものの、残念ながらその後活躍できなかったダービー馬達。その軌跡をまとめてみた。

 まずは日本ダービーを優勝後、G1レースを1勝もできなかった馬は20頭いる。30頭中20頭だから意外に多い数字だ。しかしここから現役のワグネリアンとマカヒキは除外する。マカヒキは戦績から最弱候補の一頭だが、現役でありチャンスはゼロではない。残り18頭のうち、怪我などが原因で日本ダービーが最後のレースとなった馬はタニノギムレット、サニーブライアン、アイネスフウジンの3頭で、これも除外。残り15頭のうち、G1レースは勝てなかったが重賞を勝利した馬も外す。該当馬はウイニングチケット、アドマイヤベガ、ネオユニヴァース、キングカメハメハ、ディープスカイ、キズナ、ワンアンドオンリー、ドゥラメンテだ。残りは7頭だがG1レースで2着の実績がある馬も外す。これに該当するのはミホノブルボン。残り6頭は以下の通り。

・ウィナーズサークル
1989年優勝
日本ダービー以降成績
京都新聞杯 4着
菊花賞 10着

・タヤスツヨシ
1995年優勝
日本ダービー以降成績
神戸新聞杯 5着
京都新聞杯 7着
菊花賞 6着

・フサイチコンコルド
1996年優勝
日本ダービー以降成績
カシオペアS 2着
菊花賞 3着

・アグネスフライト
2000年優勝
日本ダービー以降成績
神戸新聞杯 2着
菊花賞 5着
ジャパンC 13着
京都記念 2着
大阪杯 10着
天皇賞(秋) 15着
ジャパンC 16着
京都記念 6着
阪神大賞典 13着

・ロジユニヴァース
2009年優勝
日本ダービー以降成績
日経賞 6着
宝塚記念 13着
札幌記念 2着
札幌記念 14着

・ディープブリランテ
2012年優勝
日本ダービー以降成績
キングジョージS 8着

 ウィナーズサークルはダービー後2戦2敗で引退。菊花賞のレース中に骨折しており、成績は度外視していい。また日本ダービー後に海外遠征で故障し引退となったディープブリランテは対象外だろう。さらに菊花賞3着のフサイチコンコルドも最弱と呼ぶほどではない。

平成最弱のJRA日本ダービー馬はどの馬か?タヤスツヨシ、ワンアンドオンリー、ロジユニヴァース、アグネスフライト?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!