NEW
広木隆(マネックス証券チーフ・ストラテジスト)

スマホで浮気発覚増加?でガラケー復活説も!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 国内系、外資系運用会社を渡り歩き、株式投資の最前線に20年以上携わった後、現在はマネックス証券チーフ・ストラテジストを務める広木隆氏。そんな広木氏が、気になる旬のテーマを通じ、ビジネスの本質に迫る。

●結婚相手にしたい人気企業1位は? ー マイナビニュース(1月16日)

「任天堂が1位、ANAが2位」記事の内容はどうでもよい。気になったのは「結婚相手にしたい人気企業は?」という見出しの表現だ。無論、正確には「この企業に勤めている人と結婚したい」ランキングである。「結婚相手にしたい企業」といったら、まるで「企業と結婚」するみたいに聞こえるではないか。別に企業を擬人化しているわけではなく、しかし、この表題には半ばそのような意味が込められているとも読める。このご時世、勤めている企業で結婚相手を選ぶ、という女性がいても不思議ではない。例えば、このニュース。

●女が結婚相手に望む「年収600万円」は独身男の5.7%だけ ー ガジェット通信(2012年9月15日)

 つまり、それなりの、チャンとした企業に勤めている人と結婚したいということなのだ。日本は先進国では異例の専業主婦志向が強い国で、女性は男性に経済力を期待する。ところが、そこにミスマッチが生じている。この記事によれば、年収600万円以上を稼ぐ独身男性の割合は、わずか5.7%にすぎない。これでは晩婚化が進む一方である。デフレが若者の雇用を奪い、デフレで給料が上がらないため結婚もできない。デフレが少子高齢化に拍車をかける一因となっているのだ。

 今の日本はそんなありさまだが、一方、昔の日本女性はタフだった。例えば与謝野晶子。夫・鉄幹の詩はまったく売れない。夫の収入をあてにせず孤軍奮闘、片っ端から仕事を引き受け、10人以上の子供を産んで育てたという。その与謝野晶子の未発表の歌が発見された。

●与謝野晶子の未発表短歌発見 直筆原稿、岡山・倉敷で ー 朝日新聞デジタル(1月9日)

 遺族から市に寄贈された書簡から見つかったということだが、しかし今後は、このような貴重な発見も、そうそう起こりにくくなる。いまや書簡のほとんどが電子メール。「物理的な」書簡の存在自体がないからだ。偉大な作家がメールで「書簡」を残したとして、後世になってそれがどのように「発見」され得るのだろうか。

●ネット時代の新たな問題ー誰が死者のアカウントを管理するのか ー ウォール・ストリート・ジャーナル(1月7日)

 SNSなどはまだいい。問題は、電子メールやクラウドで管理されているドキュメントの類いである。ハードディスクではなく、例えばGoogleドキュメントやエバーノートなどWeb上のストレージで文書やデータの保存・管理をしている場合、それらの文書は当人が亡くなったら(パスワードを解読しない限り)決して日の目を見ないことになる。一方、こうしたデジタル化が進んだことによって、かえって簡単に露見する秘密もある。

●浮気で失脚のCEOが増加ー重役室に何が起こっているのか ー Bloomberg.co.jp(2012年11月14日)

「電子メールやメッセージの利用も問題の発覚を容易にしている」と記事にある。ならば、そういう米国企業のCEOに、日本のガラケーを教えてあげよう。ガラケーの語源は、いわずもがな「ガラパゴス携帯」である。日本メーカーが技術にこだわるあまり、日本の国内だけで独自の進化発展を遂げてきた。先進的な機能がありながら、海外では普及しなかったわけだが、国は違えど男女の事情にさしたる変わりはない(男女の事情を「情事」という)。そこに目をつけたマーケティングをしていたならば、日本のケータイも「ガラパゴス化」しなかったのではなかろうか。詳細は、こちらの記事を。

●日本の「浮気携帯」 スマホ台頭でも根強い人気 ー ウォール・ストリート・ジャーナル(1月7日)

 この記事のなかで、「タイガー・ウッズの携帯電話にこのプライバシーモードがあったら、トラブルにはならなかっただろう」と夏野剛氏はコメントしている。タイガー・ウッズをCMに起用し、この機能を宣伝すれば、日本のガラケーも再び世界を狙えるのではないか?