NEW
ぐっちーさん(投資銀行家、コラムニスト)

中国人は、他人を見たらまず「どうやってダマそうか?」と考える?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本柔道連盟本部が入居する
「講道館国際柔道センター」
(「Wikipedia」より)
 モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がける投資銀行家であり、「AERA」(朝日新聞出版)、「週刊SPA!」(扶桑社)で“過激な”コラムを連載しているぐっちーさん。あまりの過激さゆえテレ東を“出禁”になってしまったぐっちーさんが、ビジネスパーソンが押さえておくべき“建前なし”の常識をお届けします。

●女子柔道・園田隆二前監督の「本当の評判」 ー 週プレNEWS(2月9日)

 これは柔道だけの問題ではないだろう

 内部の勢力争いで刺した刺されたという話まであり、面妖な状況になりつつあるが、結局あれだけ大負けしたのにトップが責任を取らなかった組織の結末がどうなるか、というまさに戦争中の帝国陸軍を地で行くような事態で、日本人は根本的に何も変わっていない、と思うとため息しか出てきませんな。園田氏の退任も典型的なトカゲのしっぽ切りで、肝心の吉村和郎強化委員長は責任も取らず、さらに新たなポストをつくって強化担当理事なんかで残っているというすさまじさ。

 日本陸軍との共通点は、彼らは「日本がどうなる?」などとこれっぽっちも考えておらず、どうやって陸軍が生き残るかに専念していたという点。日本のメダルの数がどうなろうと、自分たちの組織さえ生き残ればそれでいい、という輩であり、これはもう鉄槌を下すしかないだろう。一度、柔道に対する強化予算などをすべて凍結したらどうだろう。

 それでも柔道をやりたい、という情熱のある人だけで再出発する必要があるね。

●「白川総裁は誠実だったが、国民を苦しめた」 ー 東洋経済ONLINE(2月8日)

 いわゆるリフレ派といわれる人たちが、幅を利かせている。

 この記事とは逆に白川方明総裁の手腕はすばらしく、これは世界中で評価されている。就任してからリーマンショックがあり、震災があり、そして欧州危機まであり、G7の中央銀行総裁としてその流動性確保に奔走された功績はすさまじいものがある。「白川さんでなかったら、多分世界金融恐慌になっていただろう」という市場関係者は多いのです。渋るバーナンキを説得して膨大な流動性供給に踏み切ったのも白川総裁で、世界金融恐慌にならなかった功績は、いくら評価しても足りないくらいだ。

 ご本人が地味な性格なので決して語ることはないのだが、これはすべての国民が忘れてはならないことで、耄碌したおやじの話をまともに聞いてはいけない。

●LAS VEGAS CONVENTION AND VISITORS AUTHORITY

 ラスベガスは大復活!!

 これは、我々のような総合格闘技的金融業をやっている人間にとっては必須のデータで、今回はちょっと秘密を明かしてしまおう。

 ラスベガスに来る人の数、かけたお金の額などがこうやって公表されており、これが実は景気回復と極めて密接な関係があることが知られている。

 本サイトによると、2012年のカジノへの来場者数は39,727,022人となり、リーマンショック前のバブルのピークの数字であった、39,176,761人をついに抜いたというのだ。

 これは実は一大事で、ラスベガスとしては年間3900万人はもう二度とないといわれた数字なのだが、これを更新した。ということは、アメリカもついに新たな時代に入ったということかもしれない。

 そりゃ、17年には全米の原油を自給して輸出国にもなろうか、というシェールガス革命があるわけで、アメリカ経済、かなりいいですぞ。

●中国軍、挑発を再開 戦闘機が領空接近 尖閣には監視船も 小野寺防衛相の発言に反発か ー MSN産経ニュース(2月11日)

 もうこの人たちは終わってます。もちろん筆者は中国でも仕事をさせていただいているのですが、いまだに日中友好とか言ってにこにこしている日本人のビジネスマンを見ると、「あんたね~、そのうち身ぐるみはがれるよ」と言いたくなる。でもそういう奴、多いんだよ。

 初めて会う人にどう接しますか? それが外人だった場合、大多数の日本人はせっかく日本に来てくれたからご接待しなきゃ、と思うのです。それは日本人の美徳なので、決して悪いことではありません。