NEW

週刊誌の女子アナ“パンチラ写真”掲載は、なぜ許される?違法ではない?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 先日、元タレントの田代まさし氏が女性のスカートの中を盗撮したとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検されたが、最近は携帯電話やスマートフォンのカメラ機能を使った盗撮が増えている。

 もちろん盗撮は犯罪だが、週刊誌などではいわゆる“パンチラ写真”など、女性の芸能人やアナウンサーの下着や胸元がクローズアップされた写真が掲載されていることもある。読者の中には、「これは盗撮では?」「週刊誌のカメラマンは、なぜ逮捕されないのか」と疑問を持つ人もいるだろう。

盗撮は条例で規定されている


 そもそも、盗撮はどのような法律において犯罪とされているのだろうか。AVANCE LEGAL GROUP LPC執行役員の山岸純弁護士と榎本啓祐弁護士は、以下のように解説する。

「法律ではなく、各都道府県で定められている条例に、撮影に関する規定があります。一般的に『迷惑防止条例』と呼ばれているもので、東京都では『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下、<東京都迷惑防止条例>)』の第5条1項本文に『何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない』とあり、同条2項に『公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること』と規定されています。違反して撮影をした者に対しては、同条例第8条2項において、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す旨を定めています」

 各都道府県の条例では同様の規定があり、エスカレーターでスカートの下から女性の下着を撮影するなどの行為は、犯罪として処罰されることになる。

週刊誌のカメラマンが逮捕されない理由


 では、週刊誌のカメラマンが逮捕されない理由は、どういったものだろうか? これについては、実際に逮捕された例や裁判例がないことから、明確な理由は不明だが、現行法が制定された背景や条文の文言が想定していると思われる観点から

(1)「公共の場所」での撮影ではないため
(2)撮影される側の承諾があると考えられるため
(3)撮影行為にわいせつ性が認められないため

の3つが、法的に考えられる理由になるという。