NEW

もう伊勢志摩には行ったか?なんだかスゴイぞ!伊勢エビ、アワビ、温泉、そして伊勢神宮!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志摩市のHPより
 近鉄名古屋駅から特急電車で約2時間、志摩線の終点・賢島に着く。真珠の養殖で有名な英虞(あご)湾に面した周囲約7.3キロの小さな島である。本土からは2本の橋で渡るしかなく、警備しやすい点などが評価され、2016年5月26、27日に開催される先進国首脳会議(サミット)の主会場に選ばれた。

 8月初旬、特急電車から降りる観光客は数十人程度だった。夏休み中とあって家族連れが目立つ。小さな駅の改札を出ると土産物売り場とレストランがあり、バス停の前に小さな灰皿が置かれている。潮風があるからだろうか、猛暑の名古屋市内と比べると随分しのぎやすい。

 サミットで各国首脳が宿泊し、会議が行われると想定されている志摩観光ホテルに向かう。駅から歩いて10分程度の高台にある、近鉄が1951年に開業したリゾートホテルである。敷地内には旧本館と「クラシック」「ベイスイート」があり、クラシックは主会場、ベイスイートは各国首脳の宿泊施設になるとみられている。現在は耐震補強・改装工事のため休館中で、建物にシートがかけられており行き交うのは工事関係者の車両のみだ。ホテルの客室から眺める英虞湾の眺望、とりわけ夕陽は絶景だといわれている。

歓迎ムードの賢島
 駅とホテルの途上には水族館がある。駐車場は結構埋まっており、土産物売り場では孫と一緒の老人がうれしそうに買い物中だった。駅の反対側には観光クルーズの発着場となっている小さな港があり、周辺に真珠店や飲食店が立ち並ぶ。店頭にはサミット歓迎の幟がはためき、ポスターも貼られている。「賢島サミット定食」や「G7バーベキューセット」など特産の海産物を生かしたメニューが並ぶ。

 行列ができるほどの混雑は見られないが、サミットが決定した効果なのだろう、クルーズや水族館の客足は昨年を2~3割上回っているという。島に滞在中、外国人観光客の姿は見当たらなかった。