NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

便利すぎて楽しい文房具を一挙紹介!常識を覆したヒットの秘密とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日々の生活の上で欠かせないアイテムであるシャーペンやボールペンなどの文房具。ロフト東急ハンズなどの文具品売り場では、学生やただ文具品を見ているのが好きな人、仕事で使う手帳に合うペンを探しに来た人など多くの人で賑わっている。

 文房具売り場では、「おっ?」と客の目を引くキャッチコピーが大きく掲げられ、ユーザーの盲点をつき潜在ニーズをくすぐる商品が多く陳列されている。ほかにも、自分で色を選べる多色ボールペンが置かれていて、自分の使いやすいように文房具をカスタマイズしている人も多い。また、消せるボールペンとして有名なフリクションや、インクがピンクだけで数種類も存在する激戦市場だ。

 今回は最近流行りの文房具を、特に筆記具に焦点を当て数点紹介した後、その商品のヒットの正体を探ってみる。

 シャープペンシルは、鉛筆に比べて細く潰れずに綺麗に書ける特徴がある。それに鉛筆と違い芯を削る手間やその削ったごみを捨てる手間もない。しかし、そんなメリットに対し、鉛筆より格段に芯が折れやすいというデメリットがあった。特に筆圧が強い人はボキボキ芯が折れるだろう。細くきれいに書けるのだから折れやすくなるのは仕方ない、と諦めるのではなく、その不満を解決し、デメリットをなくした商品が現れた。それが以下の2つである。

(1)DelGuard(デルガード)



「もう、折れない。」のキャッチコピーで知られているデルガード。文字を書く際に先端に負荷がかかり折れている、ということに注目し、シャーペンの先端が飛び出て芯をガードするように改良。筆圧が強い人でも安心して書けるようになっている。細いシャーペンの芯を先端部分全体が支えるつくりにしたのだ。売り場には力をかけても折れないことを数値で証明する機器が置いてあった。試しに鉛筆の芯が折れる程度の力を加えてみたが、折れなかった。確かにキャッチコピーにふさわしい商品であり、シャーペンのデメリットをなくした商品である。

(2)orenz(オレンズ)



「芯を出さないで書く」「不思議なほど芯が折れない」のキャッチコピーで知られるオレンズ。芯が折れるならば芯を出さなければいいのではないか、という発想が商品になった。芯を出さずにどうやって書くんだ?と疑問に思い少し戸惑ったが、そんな戸惑いを予想してか、商品の裏だけでなく本体部分にもシールで取扱方法が書いてあった。