NEW

なぜ女は急に不機嫌になるのか?「男女は絶対にわかり合えない」との認識が諍いを防ぐ!

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「男は“股間”の都合を最優先に考えるから、理想の女を目指して自分磨きをするのは無駄」と言い放つ斬新な婚活本『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)が、2015年7月に発売された。


 男性も女性も、自分の都合で相手を解釈し、誤解し、イライラし、「わかってくれない」とふてくされる……。そんな不毛な人間関係は、恋愛や結婚に限らず、仕事上でも多く見られるのではないだろうか。

「性による考え方の違い」を理解することができれば、恋愛をはじめとした人間関係や仕事がグッと楽になる可能性がある。もっと楽に生きるための男女の「違い」について、同書著者の仁科友里氏に話を聞いた。

女性の自虐ネタに男性がドン引きするワケ


--男女の感じ方の違いが顕著に出るのが、「自虐」に対してではないかと思います。女性が自虐ネタを言うと、女性同士では盛り上がるのですが、男性は驚くほど引いてしまいます。

仁科友里氏(以下、仁科) 脳科学的には、「人からどう見えるか」という自意識は哺乳類のメスだけに備わっているそうです。相手からどう見えているかを考えることによって、自分と子供の安全を守っているのです。

『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社/仁科友里)
 女性の自虐は「どう見えるか」という自意識と、女性特有の格付け競争、女子カーストがからんでいます。カーストが低い自分に自信がないため、男性に強く肯定してほしいのでしょうが、男性には自意識がないので理解することができません。下手したら、自虐を真に受けられたりしてしまいます。

--男性にありがちな「俺はすごい」という意識は、自意識とは違うのでしょうか。

仁科 男性ホルモンの代表的な物質、テストステロンは性欲を促すそうですが、自慢話をしている時にもたくさん分泌されるそうです。つまり、「俺はすごい」というのは、自意識ではなく性欲に近いものといわれています。

--確かに、「他者にどう見られるか」という視点(自意識)がないからこそ、無邪気に「俺はすごい」と振る舞うことができるのかもしれませんね。中には「たいしたこともしていないのに、なんで、あんなに自信満々なんだろう」と思わざるを得ない男性もいますが、それはなぜなのでしょうか。

仁科 男性ホルモンのテストステロンは支配欲を高める働きがありますから、根拠のない自信が持てるのではないでしょうか。婚活でうまくいっていない男性の中にも、女性を悪く言う人がいますね。

『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』

料理上手がオトコ心をつかむと思っていませんか? 出会いの数をふやせば理想の相手が見つかると思っていませんか? 自分磨きのために習い事をしていませんか? あなたの思い込みに喝! 常識を覆す婚活の新バイブル、誕生。

amazon_associate_logo.jpg