NEW

インプット速度が3倍になれば残業もなくなる!? 初心者から始められる「理解力を上げる速読術」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『頭の回転が3倍速くなる! 速読トレーニング』著:角田和将/総合法令出版刊

 デスクワークの人は心当りがあるはずだが、一日の仕事の中で、メールや資料など、「文書」に目を通す時間が実はかなり多い。

 しかも、ただ読めばいいわけではなく、どんな文書も基本的には内容を理解し、何らかのアウトプットが求められる。

 ならば、文書を読み込み、理解する時間を半分か3分の1に圧縮できれば、その分アウトプットのための時間も増え、仕事の生産性は上がるはずだし、仕事時間も短縮できるかもしれない。

 こうした考えから「速読」を身につけたいと思う人は昔から数多くいた。古くはJ.F.ケネディや司馬遼太郎、最近ではビル・ゲイツなども、速読の必要性を感じ、習得しようとしていたとされる。

■圧倒的に読むスピードを上げる秘訣は

 『頭の回転が3倍速くなる! 速読トレーニング』(総合法令出版刊)の著者で、速読の講師として活躍している角田和将さんによると、速読を習得するための最大のポイントは、意識を「読む」から「見る」に切り替えることだという。

 文字を「読む」ことを意識すると、書かれている文章を一文字ずつ目で追ってしまう。ひたすら目を動かす速度を速くしていけば、この読み方でも速読できるのだろうが、2倍、3倍ともなると難しい。

 これに対して文字を「見る」という方法は、まったく別のアプローチを取る。
 文章を5~7文字単位で視界に入れ、どんどん前に読み進んでいく。慣れれば一度に10文字、15文字を一度に視野に入れられるようになるため、それに伴って飛躍的に文章を理解する速度は上がる。

■速読で必要とされる二つの力

 この方法で「速読」を身につけていくには、二つの力を鍛えることが重要になる。

・一度に多くの文字を視界に入れる「視野の広さ」
・視界に入れた文字を瞬時に理解する「理解力」

 である。
 角田さんによると、これらの力は日常生活の中で鍛えることができるそう。
 たとえば、「視野の広さ」は書店で本を探す時、棚の本を一冊一冊見て回るのではなく、棚全体を広く視野に入れて、自分の求めているものを探すことで身についていく。これは本に限らず探し物全般に応用できるはずだ。

 また、さらに速読力を鍛えていきたいという人に向けて、本書ではさまざまなトレーニングを紹介しているため、仕事の能力を上げたい人、あるいは残業続きの毎日をどうにかしたいという人は、「速読」がそれを実現してくれるかもしれない。
(新刊JP編集部)

関連記事

3倍速で読める!? 「速読」の才能がわかるチェックテスト
あなたはもう「下流老人」予備軍だ。日本にあふれる「偽装中流」
「プア充」? 「最貧困女子」? 低所得女子を分ける分水線とは
こんな人は要注意! 転職先で使い捨てされてしまう人とは?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。