NEW

女子アナ、「密かな副業」急増…局やメディアの壁崩壊で熾烈な生き残り競争

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京・表参道にて。撮影終了後の一コマ。一枚の写真撮影でも全力を尽くすという。

 昨今、「女子アナ」という単語をニュースで目にしない日はないほどに、女子アナの注目度は高まっている。

 この11月に入ってからだけでも、『TBS内定発表女子アナ 記者直撃にも物怖じしない大物感』(11月7日付「NEWSポストセブン」)、『元ミス近大の女子アナが「週プレ」グラビアに再登場』(11月7日付毎日新聞)、『高橋真麻、プロ野球選手との結婚「女子アナからはいかない」』(11月1日付デイリースポーツ)など、女子アナに関する話題が日々溢れている。

 その女子アナの世界が変わりつつある。テレビ画面のみならず、雑誌やウェブサイトといった文字媒体の世界に進出し、ライターとして活躍する現役女子アナが増えつつある。

 マイクを持ちなれた手で、時々ペンも握る。話し手ならではの話術と放送業界で培った取材力を武器に健筆を振るう“女子アナライター”たちは、今や出版業界で育った書き手たちをも凌駕する存在だ。そんなライター業もこなす現役女子アナのひとりである、小沢尚美アナウンサーに密着した。

宣材写真撮影に向けて1カ月で5キロのダイエット


「よろしくお願い致します。今日の撮影のためにダイエットをしてきたんですよ。だからちょっとひもじいです」

 10月某日。待ち合わせ場所に現れた彼女はアナウンサーらしくはきはきと、それでいて茶目っ気たっぷりに話し、記者を和ませる。この日は女子アナにとって看板ともいえる宣材写真撮影のため、ノーメイクでの登場だったが、やはりすっぴんでも華がある。渋谷の雑踏がその綺麗さをより際立たせている。

 大学卒業後、局アナとしてテレビ山梨に入社した小沢アナは、報道からバラエティと番組のジャンルを問わず活躍後、フリーアナになった。『JNNニュースバード』(TBS系)や、経済番組のキャスターも務め、経済に明るいアナウンサーとして知られている。日経平均株価や主要経済動向を毎日ノートに記録するなど、地道な努力ぶりは業界関係者の間でも評判だ。

 そんな彼女だが、今でも新人同様、発声練習はもちろん、社会の動きもアンテナを高く伸ばして情報収集に励む。局アナと違いフリーは、「社員以上の結果を出して当たり前」という世界だ。いつ何時でも気を抜くことは許されない。常に視聴者とベストな状態で向き合うことが要求される。そのプレッシャーは、私たちの想像をはるかに超えるものがある。