NEW

夫に死んでほしい妻たち…妻のキャリアを阻害する夫、離婚より死別のほうが経済的に得

【この記事のキーワード】

, , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 結婚生活は、他人同士だった男女が一緒に暮らすものだけに、お互いに不満を持つ夫婦も多いことだろう。夫婦生活が長くなればなるほど、その不満はさらに大きくなっていく。


夫に死んでほしい妻たち』(朝日新聞出版)の著者で労働経済ジャーナリストの小林美希さんによると、特に妻が抱える不満は夫の比ではないという。心の奥底で、夫に「死んでほしい」と思っている妻が非常に多いのだ。

妻にとって離婚より死別のほうが得?驚愕の理由


『夫に死んでほしい妻たち』は、家事や育児における妻の「してほしい」と夫の「しているつもり」の間にある大きな溝を浮き彫りにし、長年怒りをため込んだ妻が「死ねばいいのに……」と夫の早死にを望むという、なんとも恐ろしい内容のルポルタージュだ。

 小林さんが本書を執筆したのは、前著の『ルポ 母子家庭』(筑摩書房)でシングルマザーたちを取材したことがきっかけだったという。

「たくさんの女性を取材してきましたが、『離婚したくてもできない』という妻の数はかなりのものになります。そんな女性の多くは、『夫と離婚したい』と思いながらも、収入面の不安や子どもの教育などの問題から、離婚に踏み切ることができない。すると、どうなるかというと、『どうせ夫と離婚できないのなら、いっそのこと死んでほしい』という結論にたどり着くわけです」(小林さん)

『夫に死んでほしい妻たち』(朝日新聞出版/小林美希)
 この「死んでほしい」には、感情論だけではなく、合理的な理由も含まれている。実は、妻にとって、離婚するよりも夫に死んでもらったほうが経済的メリットが大きいのだ。小林さんによれば、妻がそのメリットに気づくきっかけは住宅ローンが多いという。

「住宅ローンを組むとき、金融機関の融資担当者が『ご主人が亡くなられた場合を考えて、ローンの契約期間は少しでも長くしておいたほうがいい』という営業トークをすることがあるそうです。ローンの名義人(=夫)が団体信用生命保険に加入していれば、仮に返済途中で死亡した場合、残りの返済は免除されるからです。さらに、夫が死ねば遺族年金や生命保険も入るので、当面の生活には困りません」(同)

 だから、妻たちは「離婚のわずらわしさを考えたら、絶対に死別のほうが得だ」と口をそろえて言うのである。

こんな夫が妻から「死んでほしい」と思われる


 とはいえ、「夫に死んでほしい」と願うのは物騒で極端な結論であることは否めない。妻たちは、なぜこんな考えに行き着くのだろうか。小林さんは「日本の社会構造に原因がある」と分析する。

『夫に死んでほしい妻たち』

家事や育児で、妻の“してほしい”と夫の“しているつもり”の差は、あなたが想像しているよりもはるかに大きい。毎朝子どもを保育園に送る。週に一度は料理をつくる。それだけで自信満々な夫を、妻はどう感じているか? やがて、怒りを爆発させることにも疲れた妻は、一人つぶやく。「死ねばいいのに…」世の中たちを戦慄させる、衝撃のルポルタージュ!

amazon_associate_logo.jpg

夫に死んでほしい妻たち…妻のキャリアを阻害する夫、離婚より死別のほうが経済的に得のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、出産夫婦結婚育児離婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!