NEW

そのペットフードは危険?人間が食べられない物はNG!安物や獣医師推奨、高級品も要注意

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 少子高齢化の影響もあり、犬や猫をペットではなく「家族の一員」と考え、少しでも長く一緒に過ごしたいと考える人たちが増えている。同時に、室内飼いが増加し、医療環境などがよくなったことで平均寿命も大きく延びた。


 東京農工大学と日本小動物獣医師会が昨年発表した大規模調査によると、犬と猫の平均寿命は2014年時点でそれぞれ13.2歳、11.9歳と過去最高を記録。この25年間で、犬の平均寿命は1.5倍、猫は2.3倍にも延びているのだ。

 犬や猫の長寿命化に貢献しているとされているのが、ペットフードだ。かつては人間の残り物が当たり前で、味つけが濃く栄養バランスも悪かったが、バブル期の1987年頃から栄養バランスを考慮した専用フードが急速に普及。現在では、犬、猫ともにフードの普及率が90%を超えている。

 しかし、そのフードもすべてが安全ではなく、なかにはペットの健康に悪影響を及ぼすものもある。2007年には、海外でフードが原因とされるペットの死亡報告が相次いだ結果、多くのメーカーがリコールを行う事件も起きた。「安全・安心」なペットフードは、何を基準に選べばいいのだろうか。

ペットフードの「獣医師推奨」は信用できない?


 ひと口に「安全なフード」といっても、その基準は簡単ではない。都内で動物病院を経営する獣医師のT氏は、「獣医師をしていると、頻繁に飼い主さんから『このフードは安全ですか?』と聞かれますが、これはある意味『正解のない質問』なのです」と語る。

「私は、その質問をする飼い主さんに、いつも『フードを食べさせるのは、ペットではなく人間の赤ちゃんと思って選んでください』と言っています。子育てをしたことがある人なら、それで『ハッ』となります。犬、猫と思うから、何を食べさせればいいのかわからなくなる。乳幼児と考えれば、飼い主さんが正解を出せるはずです」(T氏)

 子どもが食べるものは親が決め、子どもは与えられたものを食べるしかない。それは犬や猫も同じなのだ。インターネットなどで必死に調べて「このフードは大丈夫ですか?」と獣医師に聞く飼い主は多いが、自分が見たことのないフードの良し悪しは獣医師も判断できない。だからこそ、飼い主に「自分で食べてみましたか?」と聞くのだという。

「多くの飼い主さんは自分で食べていない。『自分で食べられないものをペットに食べさせるんですか?』と言うと、みなさん納得します。安全なフードという意味では、本当にいいのは手づくりです。

 ただ、栄養の過不足なくつくるには専門的知識が必要になるし、手間もかかる。フードと手づくりを併用するぐらいがいいでしょう。フードを選ぶ基準としていえるのは、安価すぎるものは避けたほうがいいということ。なぜそんなに安いのかを考えるべきです」(同)

 フードについてネット検索を行うと、その危険性を指摘するサイトが数多く表示される一方、特定のメーカーの商品を安全だとして薦めるサイトも少なくない。これでは、専門的知識を持たない一般の飼い主には、どれが安全かなど判断できるわけがない。

そのペットフードは危険?人間が食べられない物はNG!安物や獣医師推奨、高級品も要注意のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ペットフード獣医師の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!