NEW

「ただ目立ちたかった」小池都知事、豊洲も何も進展せず人気急落…必死の「争点隠し」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「都民ファーストの会」 都内で総決起大会(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 7月10日から、東京都は自宅の白熱電球2個とLED電球1個を無償交換する環境政策を開始する。これは、小池百合子都知事が選挙戦のときから訴えてきた肝煎り政策だ。東京都は、小池都知事と昨年爆発的な人気を呼んだピコ太郎とが共演するキャンペーン動画を制作。電球交換の開始に先立ち、動画で政策をPRしている。世界的にも人気になっているピコ太郎を起用することで、電球交換政策に弾みをつけるのが狙いだが、その裏には都政の停滞を隠す思惑があるのではとも囁かれている。

「東京大改革」を旗印にした小池都知事は、都知事就任以降に築地市場の豊洲移転延期、東京五輪の整備負担見直しなどを矢継ぎ早に打ちだしてきた。そうした実行力が小池都知事の高い支持率につながっていたわけだが、このところ小池人気に陰りが見られるようになった。

 その背景には豊洲問題が膠着していることが挙げられる。いつまでたっても方針を打ちだせず、決められない都知事とも囁かれるようになった。東京五輪の整備費用・開催費用もいったんは削減されたものの、再び膨張する兆しが出てきた。そうした状況のため、定例会見で記者から「大山鳴動して鼠一匹では……」と質問されると「失礼ですね」と気色ばむ一場面もあった。

 都知事選出馬会見でも露呈したように、小池都知事が都政に対して知識がなかったのは周知の通り。それでも、「思っていたよりは、無難にこなしている」(都庁職員)といった評判も聞かれる。

 しかし、豊洲問題と東京五輪といった二大テーマについてはいっこうに進展がみられない。ともに前任者・前々任者などから申し送られてきた負の遺産だけに、小池都知事に直接的な責任はない。それでも選挙戦時から大言壮語していたテーマだけに、小池都知事への大きな期待は一気に落胆へと変わってしまうだろう。全国紙記者は言う。

「もともと、小池都知事は都政に興味があったわけでも造詣が深かったわけでもない。時の権力者に近づき、“政界渡り鳥”などとも揶揄されたように、とにかく目立つ場所にいたいという気持ちが強くある。そうやって頭角を現してきた。安倍政権になってから不遇をかこっていたから、都知事に立候補したのも目立ちたいという願望が先行しただけでしょう。都政が抱える大きな課題は東京五輪と豊洲市場ですが、この2つが決着すれば、小池都政はレームダックになるとも予測されている。間もなく就任1年を迎えますが、この2つ以外の話題がほしいというのが本音でしょう」

「ただ目立ちたかった」小池都知事、豊洲も何も進展せず人気急落…必死の「争点隠し」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、小池百合子都知事東京五輪都民ファーストの会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!