NEW

登山ブームで遭難者激増、年間3千人も…こんな人や行為は危険、意外な非常識行為横行

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
駐車待ちの渋滞

 梅雨が明け、いよいよ夏本番となった。8月11日の「山の日」を前に、夏山シーズンが本格化している。都会で気温が35度を超す猛暑日でも、標高3000メートル級の山は十数度で、朝晩は冷え込むほどだ。涼しさと美しい景観を求めて、山に向かう人々がにわかに増える時季である。

 まずは、そんな山岳地の近況を報告しよう。7月17日、北八ヶ岳にある標高2115メートルの白駒池キャンプ場にテントを張り、付近の山々を巡り歩いた。朝8時に到着したとき気温は15度ほどで、長袖シャツを着ないと肌寒い。テント場には親子連れ、グループ、夫婦、そして外国人カップルらの姿があった。3連休の最終日なので、テントをたたみ、荷物をまとめている人たちが多い。

 湖面を見下ろす高台にテントを設営し、山歩きを開始。晴れ渡った空の下、湿地帯を抜け、野鳥の声を聴きながら神秘的な苔の森の中をゆっくりと進む。都会の喧騒を離れ、非日常の世界にどっぷりと浸かる。

苔の世界

 巨岩が堆積した「にゅう」から、岩塊が点在する「中山展望台」へと向かい、岩に寝転がって天狗岳や蓼科山の秀麗な姿を堪能する。あたりに人影はなく、広い天然の展望台を独り占めだ。30分ほどリフレッシュした後、高見石経由でテント場に戻った。白駒池近くに来ると、軽装の観光客がたくさんいた。にぎやかな声が森に響き渡る。忘れ物を取りに駐車場に戻ると、駐車待ちの自動車が列をなしている。長野県やJRのキャンペーンで、白駒池の認知度が高まった影響なのだろうか。かつては夏でも密やかだった北八ヶ岳の原生林と湖は、すっかり喧騒の観光地と化していた。

遭難者の半数超、死者・不明者の67%は60歳以上の高齢者


 やや下火になった感はあるが、依然として山ブームは続いている。日本生産性本部の「レジャー白書」によれば、2000年代前半から後半にかけ、600万人台だった登山人口(年に1回以上山に登った人の数)は、09年に一気に1230万人へと倍増した。「山ガール」が話題になった頃だ。その後、御嶽山の噴火などもあり、15年には730万人まで減少したが、それでもゴルフ人口760万人(15年)に匹敵する数字だ。

 その一方で、山での遭難件数も増えている。警察庁の発表によると、16年の山岳遭難件数は2495件で遭難者は2929人、死者・行方不明者は319人だった。発生件数、遭難者数は、統計の残る1961年以降では2015年(2508件、遭難者数は3043人)に次いで過去2番目に多かった。13年以降は2000件以上で推移している。ちなみに、16年の数値を07年と比べると、件数1011件増(68.1%増)、遭難者1121人増(62%増)、死者・行方不明者60人増(23.2%増)と、惨憺たる状況になっている。

 遭難者の内訳は登山(ハイキング、スキー登山、沢登りなどを含む)が71.7%ともっとも多く、次いで山菜・茸採り13.2%。年代別では、40歳以上が2269人で77.5%を占める。このうち60歳以上は1482人で、全遭難者の50.6%となっている。死者・行方不明者でみると、40歳以上が289人で90.6%。60歳以上は215人で67.4%に達している。遭難者、死者・行方不明者ともに60歳以上の高齢者の比率が高いことが一目瞭然だ。

分岐点にある標識

登山ブームで遭難者激増、年間3千人も…こんな人や行為は危険、意外な非常識行為横行のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ハイキング登山遭難件数の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!