NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

一部の市販おせち料理は危険? 黄金色の数の子や真っ赤な酢だこ、発がん性の指摘も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 いよいよお正月が近づいてきて、「おせち料理をどうしようか」と考えている人も多いと思います。「お正月くらいは」ということで、豪華なおせち料理セットを頼む人もいるでしょうし、スーパーマーケットなどで売られている食材を利用して、おせち料理を自分なりに盛り付けようという人もいると思います。

 私も後者の一人で、毎年市販の数の子や黒豆などを買って、お皿に盛り付けています。ただし、その際に注意しなければならないことがあります。それは、危険性の高い添加物が使われている製品があるので、それらは避けるべきということです。

 まず気をつけなければならないのは、数の子です。数の子といえば、子孫繁栄を願う縁起のいい食べ物としておせち料理に欠かせないもので、黒豆や田作りとともに「祝い肴三種」のひとつに数えられます。しかし、ひとつ問題があります。それは、数の子を漂白して、いわゆる「黄金色」にするために、発がん性のある添加物、過酸化水素が使われていることです。

 数の子はニシンの卵ですが、それは本来薄茶色をしていて、血が付いていることもあったりして、どう見てもきれいではありません。そこで、漂白してきれいにするために古くから過酸化水素が使われていました。過酸化水素の漂白作用は強力で、見た目の悪い数の子を「黄金色」にすることができたからです。

 ところが1980年1月、厚生省(現厚生労働省)は「過酸化水素に発がん性のあることがわかったので、食品には可能な限り使用しないように」という内容の通達を食品加工業者に出しました。同省の助成金によるマウスを使った実験で、過酸化水素によって十二指腸にがんの発生が認められたためです。

 これに対して数の子の加工業者は激怒したといいます。数の子をきれいな色にするためには、過酸化水素がどうしても必要だったからです。一部の業者は、この通達で被った損害を賠償するように日本政府に迫りました。これに驚いた厚生省は、「過酸化水素を使ってもいいが、製品に残存しないように」という内容に通達を変更しました。

 ただし、過酸化水素が残存しているかどうかを調べるのは非常に難しく、結局のところ事実上の使用禁止となりました。

一部の市販おせち料理は危険? 黄金色の数の子や真っ赤な酢だこ、発がん性の指摘ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、おせち料理パストラミビーフローストビーフ数の子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!