NEW
今だからこそ知っておくべき「ビットコイン投資」入門講座(4)「仮想通貨投資の基礎知識・後編」

結局、仮想通貨は「買い」なのか?メルカリ、LINEが参入でさらに価値上昇も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社フィンテックパートナーズ代表取締役の藤田篤示氏
 近年、徐々に認知度が上がり、今や社会現象として「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を見聞きするようになった。特に、2017年12月のビットコインの価格急騰、18年1月に起きた仮想通貨取引所・コインチェックのNEM(ネム)の流出騒動で、仮想通貨投資をめぐる話題は大きな波紋を呼んだ。


 しかし、何かと波乱含みの一方、「億り人」と呼ばれるような仮想通貨長者も生まれていることから、仮想通貨投資に興味を持っている人はまだまだ多いだろう。「興味はあるけれど、どうしよう……」と思っている人ほど、この機会に仮想通貨の基本を知り、足を踏み入れるかどうかを考えてみてはどうだろうか?

 そこで、ブロックチェーン構築事業や暗号通貨情報サイト「fintech info」の運営を手掛ける、株式会社フィンテックパートナーズの代表取締役で、『世界一やさしいビットコインの授業』(産学社)の著者である藤田篤示さんに、ビットコインやブロックチェーン、そして仮想通貨投資について「入門講座」としてお話をうかがった。

 最終回となる今回は、仮想通貨投資は今が「買い」なのか、「買い」だとすればどんな仮想通貨を買えばいいのかを教えていただく。

<第4回:「買い」な仮想通貨はどうやって見つける?>

――今、仮想通貨は投資的に「買い」といえるのでしょうか?

藤田篤示さん(以下、藤田) 非常に難しい質問ですが、個人的にはまだまだ伸びる可能性があると思っています。コインチェック騒動で「仮想通貨は危ない」という印象を持った人は多いと思いますが、あの騒動は「取引所のセキュリティの問題」であって、「仮想通貨自体の信頼性の問題」ではなかったと考えられます。

『世界一やさしいビットコインの授業』(産学社/藤田篤示)
 また、現在(2018年2月)のチャートは17年11月に上がり始めた頃の水準に戻っているような状態です。この急騰と暴落の理由のひとつには、「どうやら仮想通貨は儲かるらしい」と仮想通貨投資の初心者の参入が増えたことがあると考えることもできます。新規参入者が増えたことで価格が急騰し、いくところまでいったところで値崩れを起こして、その後、一過性のブームに乗ろうとした人たちが離れていったということかもしれません。

 年末から年始にかけての急騰と暴落、それにコインチェック騒動で「仮想通貨は終わった」という意見もありますが、それはそれで短絡的な見方という印象を受けますね。

――どのような部分に「仮想通貨」の伸びしろを感じますか?

藤田 17年は「仮想通貨元年」といわれていましたが、個人的には、18年は企業が独自通貨を発行するなど大手企業参入の年になるのではないかと思っています。

 フリマアプリの「メルカリ」が18年内に仮想通貨決済を導入する動きがありますし、「LINE」も仮想通貨事業に参入することになっています。こうした流れのなか、もしAmazonのような世界的企業や国内の大手企業である楽天やソフトバンクが仮想通貨決済や仮想通貨事業を始めていくことになったら、という期待感もあります。もちろん、これは具体的な発表があったわけではなく、あくまで期待感ですが。

 ただ、そうした動きが本格化した場合、仮想通貨の価値は今より上がる可能性があります。なので、もし仮想通貨で投資を考えるなら、数カ月の短期的な上下で見るよりも、買ったらしばらくは放っておくくらいの気持ちでいるほうがいいのかもしれませんね。

『世界一やさしいビットコインの授業』

仮想通貨投資の95%は詐欺!「ICO」「HYIP(ハイプ)」と呼ばれる危険な高利回り商品が出回る中で、あなたはいったい何を信じて投資をすればいいのか? たった数カ月で資産を10倍以上にした著者が、ビットコインの仕組みから投資までを徹底解説! 大評判のセミナー、書籍化!

amazon_associate_logo.jpg

結局、仮想通貨は「買い」なのか?メルカリ、LINEが参入でさらに価値上昇ものページです。ビジネスジャーナルは、マネー、ビットコインブロックチェーン仮想通貨投資の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!