NEW

「国内不動産はほぼ債券」!? 投資エキスパートが語る、国内投資が“損”になる時代

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その上で本書は「ヘッジファンド」と「海外不動産投資」を中核とした投資戦略を勧めています。リスクをいかに抑えながら資産を防衛していくかという部分が大きなテーマになっているので、「そこまで頭が回っていない!」「損はしたくない!」という人にとっては役立つ知識が入っているはずです。

 これから先、何が起こるかわからない時代。だからこそ、リスクに対してしっかりと備えておきたいですね。
(新刊JP編集部)

関連記事

資産づくりはじめたいなら…話題の「NISA」って?
資産運用に海外ファンドが注目されるワケ
大震災後、資産を守り育てる秘術を公開
「国内投資は殖えない」は本当か?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

「国内不動産はほぼ債券」!? 投資エキスパートが語る、国内投資が“損”になる時代のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事