NEW

安倍政権が検討するサマータイム、睡眠不足で多大な健康被害…時計修正など膨大な手間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍晋三首相(写真:つのだよしお/アフロ)

 2020年東京五輪・パラリンピックの“暑さ対策”として、サマータイム導入の検討が本格的に始まった。東京五輪組織委員会の森喜朗会長が先月27日に首相官邸を訪れ、安倍晋三首相にサマータイムの導入を要請したのだ。これを受け政府・与党が検討した結果、国民生活に直結するため、政府提出法案としてではなく、超党派の議員立法として秋の臨時国会での成立を目指し、お盆休み明けにも制度設計に入るという。

 こうした動きに、早くも各方面から反対の声が上がっている。日本が占領軍の施政下にあった1948~1951年まで、電力不足の深刻化に対処する目的で、連合国総司令部(GHQ)の指示で導入されたが、残業時間の増加などに労働界が反発、定着しないまま廃止された。その後も何度かサマータイム導入の動きはあったが、実現に至らずにすんだ。

 今回はどうなるのか。計画では6~8月の3カ月間、時間を2時間繰り上げるというのだ。来年夏には試験実施をするという。サマータイム実施国の多くは1時間もしくは30分というのが一般的だが、日本はいきなり2時間も時計の針を進めるという。どんな影響があるのか。早稲田大学スポーツ科学学術院の西多昌規准教授に話を聞いた。

「最大のデメリットは睡眠と生体リズムに与える影響です。サマータイムで2時間時計の針を進めると、人々の生活はその分、朝早く起きることになります。仕事が午後3時に終わるので、まだ明るい余暇を有意義に使えるといいますが、明るい時間帯に仕事が終わってもやることがなければ、結果的にだらだらと仕事をしてしまうことになりかねない。日本人は夜型が多いので、睡眠不足で多大な健康被害を被るリスクが高くなります。
 
 今回は2時間ということですが、1時間でも相当影響が出ることがわかっています。アメリカは1時間ですが、サマータイムに移行するとき、1週間くらい睡眠不足の状態が続きます。私もアメリカの大学に留学中に体験しましたが、やっぱり面倒でしたね。体内時計の調整ができない期間が長く続きました。そもそも、時計を全部変えなければいけないので手間がかかる。テレビ、電話、車の時計の時刻もすべてですからね」

安倍政権が検討するサマータイム、睡眠不足で多大な健康被害…時計修正など膨大な手間のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、2020年東京五輪・パラリンピックサマータイム導入安倍晋三首相の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事