NEW
物延秀「サヨナラ島国にっぽん~クロスボーダーマーケターの考察~」

『カメラを止めるな!』のヒットは、従来のマーケティング方式を揺るがす

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラを止めるな HP」より

 毎年、ヒット映画が量産される夏休みシーズンが終了した。2018年も邦画・洋画を問わず、大作映画が目白押しだったが、今回の記事では、その興行収入の状況を紐解き、日本映画市場について考察する。

“前作超え”に苦戦する作品が多く、『劇場版コード・ブルー』の安定感に浮動客が流れる


 全体の傾向としては興行収入が軒並み伸び悩んでいる印象だ。図1は、夏休み(7~8月)に日本で公開された、興行収入(8月最終週時点)10億円以上の映画ランキングだ。



 これらの2018年夏休み映画の作品群と、図2の過去数年間の同ランキングを比較してみると、邦画の伸び悩みが顕著にうかがえる。


 細田守監督の長編アニメーション最新作『未来のミライ』の興行収入が26.3億円と奮わなかったことが象徴的だ。作品を重ねるごとに興行収入を伸ばし、ポストジブリの大本命として事前の期待値が高かっただけに寂しい結果。さらに、『銀魂2』も、前作は38.4億円と大ヒットとなったが、今回は17.4億円。『ポケモン』は及第点といったところだろうが、昨年の興行収入を上回ることはできなそうだ。

 洋画に関しても、2大人気シリーズ作品、『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル』共に、前作の興行収入よりも低い着地となることが想定され、全米アニメーション作品歴代1位のディズニー・ピクサー最新作『インクレディブル・ファミリー』も、前評判の高さからすると伸びていない印象だ。

 これは、公開前の期待値が高い注目作が多かっただけに、事後の作品評価が芳しくなかったことが影響していると思われる。名作の続編シリーズものや、ブランド力が強い作品で起こりやすい現象だが、各所レビューを見ても、「細田監督作品なのに」「1はよかったけど2は」「思ったほどでは」といった感想が多く見受けられる。そうしたなかでの『劇場版コード・ブルー』のスマッシュヒットは、そのときどきの評判に身を任せて鑑賞対象を決める「浮動客」が、その他の作品に気乗りせず、人気テレビドラマの安定感を求めたためではないかと推測する。

カメラを止めるな!』は、新たなヒットの型となり得るエポックメイキングな作品


 映画マーケット全体が低調なムードの今夏にあって、明るい話題となったのが『カメラを止めるな!』だ。評判が評判を呼び、拡大公開にこぎ着け、興行収入12.5億円。夏休み大作映画と並び、興行収入でトップ10入りとなったことは驚愕に値する。

 本作品がいかにおもしろいのかは、すでに各所で報じられている通りだが、ここで論じたいのは、『カメラを止めるな!』に見る、新たなヒットの型についてだ。

「物語がおもしろいからだ」という意見もあるだろうが、この作品には今後のヒット作品を狙う際にベンチマークとなり得る特徴的な要素が見られる。

『カメラを止めるな!』のヒットは、従来のマーケティング方式を揺るがすのページです。ビジネスジャーナルは、連載、カメラを止めるなジブリ映画の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事