NEW

コッペパンブームの意外な秘密…専門店急増の理由&食べるべき「概念を覆す食感」とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメダ珈琲店が運営するコッペパン専門店「やわらかシロコッペ」
 昭和世代にとっては給食の定番メニューだった「コッペパン」。実は今、このコッペパンがブームを巻き起こしているという。


 個人店レベルでもコッペパンのみを販売する専門店が全国各地に登場し、喫茶店チェーンのコメダ珈琲店の新業態「やわらかシロコッペ」や、ドトール・日レスホールディングス傘下のサンメリーが展開するコッペパン専門店「パンの田島」の店舗増加など、大手外食企業もコッペパンに参入しているのだ。なぜ今、コッペパンが人気を集めているのだろうか。

日本生まれのコッペパンが独自の進化


「コッペパンとは、片手サイズで紡錘型をしているパンのこと。アメリカのホットドックのパンと形が似ていますが、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平さんという日本人がコッペパンを生み出したといわれています」

 そう話すのは、1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニアでパン料理研究家としてメディアで活躍する片山智香子さん。ちなみに、コッペパンの祖・田辺玄平氏が大正2年に創業した「丸十ぱん店」は、のれん分けなどをしながら、東京都内を中心に現在も店舗を展開している。

 日本で生まれたコッペパンは、その後、給食に取り入れられたことで日本人にとって身近な存在になる。そのため、今も“給食に出てくるパン”というイメージを抱いている人も多いはずだ。

「私自身も、『コッペパンブームが来ている』と聞いたときには『モソモソ食感の給食のパン』を思い浮かべたのですが、コッペパン専門店で提供されるパンは一味違っていました。どれも形は同じですが、パンの生地がしっとりして口溶けがよいものばかりで、パンに挟むフィリングや惣菜もバラエティ豊か。どうやら、独自の進化を遂げているようです」(片山さん)

 もはや、かつての“モソモソパン”ではなくなっているコッペパン。片山さんによると、近年人気を博しているコッペパン専門店には2つのパターンがあるという。

「ひとつは、アミューズメント性のあるコッペパン専門店。お客さんの目の前で材料をはさんだり、あんこやバターなどのフィリングを塗ってくれたりする、ワクワク感を提供する店舗を指します」(同)

 目の前でつくる工程が見られる上、ボリューミーなメニューも多く、男性客からも人気を集めている。なかには、ボリューム感のある惣菜パンだけを売る店もあるそうだ。

「2つ目は、デコレーションなどにこだわった、すでにできあがっているコッペパンを提供する専門店ですね。こちらは大きさも小ぶりでSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にも映えるので、女性ウケを意識している傾向があります。顧客の好みや目的に合わせているのも、専門店ならではの特徴ですね」(同)

 インスタ映えを意識したブランディングに力を入れている店舗も多く、パンの生地に焼印がついている恵比寿の「えびすぱん」や、パンの生地がデコレーションされている上野の「イアコッペ」など、個性的なコッペパンを販売しているケースが多いという。

セブンの「金の食パン」もブームに貢献?


 片山さんは、「コッペパンブームの火付け役は2軒の専門店にある」と話す。

「特に外せないのは、岩手県盛岡市にある『福田パン』です。同店は、地元のソウルフードとも呼ばれている老舗のコッペパン専門店。60種類ほどのトッピングを組み合わせることができ、目の前で具材を挟んでくれるなど、アミューズメント系コッペパン専門店の代表格として、パン好きの間では人気のお店です」(同)

コッペパンブームの意外な秘密…専門店急増の理由&食べるべき「概念を覆す食感」とはのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、やわらかシロコッペコッペパンパンパンの田島の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事