NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

医師が教える「二日酔い」の驚くほど簡単な解消法&予防法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 コラムニストの勝谷誠彦氏が11月28日に「肝不全」のため逝去された。享年57歳。人生まだこれからというときの早過ぎる死である。

 勝谷氏は自他ともに認める酒豪で、深夜1~2時まで深酒することも多々あったという。8月に重症アルコール性肝炎で入院し、11月には肝不全で不帰の客となられた。

 肝不全とは、アルコールをはじめ、体内・血液内の有毒物を解毒したり、脂肪を消化する胆汁を合成したり、人体を構成する60兆個の細胞の主成分であるアルブミン(タンパク質)を合成したりする、別名「人体最大の化学工場」といわれる肝臓の働きが低下、廃絶する病態である。

 多量飲酒(正味のアルコール量で1日約70グラム以上、日本酒換算で3合以上)が5年続くと「アルコール性肝炎」が発症し、それが約10年続くと「肝臓がん」になりやすい、とされている。アルコール量70グラムとは、以下の通りだ。

 9月にWHO(世界保健機関)が「アルコールが原因で死亡する人が、世界で毎年300万人を超える」という統計を発表し、アルコール好きの小生は、ぎくりとさせられた。それによると、アルコールに起因する病気は約60存在し、主なものとして以下が指摘されている。

(1)アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変
(2)胃炎、逆流性食道炎
(3)口腔・咽頭・食道・胃・大腸のがん
(4)高血圧、それに起因する脳卒中、心臓病
(5)認知症

 しかし、日本では昔から「酒は百薬の長」とも、西洋では「wine is old man’s milk」(ワインは老人のミルク)ともいわれるごとく、日本酒換算2合以内での飲酒では、以下の効果があることも医学的に証明されている。

(1)ストレスを発散し、血流をよくして体を温め、免疫力を高める
(2)発がん抑制効果がある
(3)善玉(HDL)コレステロールの肝臓での合成を増やし、また、内皮細胞でのウロキナーゼ(血栓溶解酵素)の産生を促し、脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ
(4)糖尿病のコントロールを良好にする
(5)脳を活性化し、病気やアルツハイマー病を予防する
(6)胃液の分泌をよくして、食欲を増す

「一杯は人、酒を飲み、二杯は酒、酒を飲み、三杯は酒、人を飲む」という金言がある。昔の人は、三杯(三合)以上の酒が体を傷めることを経験的に察知していたことになる。飲酒の機会が増える年末年始ではあるが、日本酒換算で2合くらいまでの飲酒を心掛けられるとよい。たまに、羽目を外して飲みすぎた場合は、翌日は「休肝日」にする必要がある。

医師が教える「二日酔い」の驚くほど簡単な解消法&予防法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、二日酔い勝谷誠彦肝不全の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事