NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

東京・亀戸に奇抜な建築物が目立つ理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後の赤線は東京の下町に集中


 最近は遊郭、花街、三業地についての本がたくさん出版されるようになった。2018年10月にも朝日選書から『新宿 「性なる街」の歴史地理』(三橋順子著)が出たが、これが新宿2丁目や歌舞伎町を中心としながら、それのみならず東京の旧赤線地帯をくまなく調べていて大変な労作である。

 料亭、待合、芸者置屋からなる三業地は東京中にあった。本連載でも、品川区の五反田、文京区の白山、荒川区の尾久、大田区の大森、中野区の新井などを紹介したが、西側にも東側にも北側にも南側にもあまねく存在した。それらは単なる売春を防ぐために、警察が認めた娯楽の街だったからである。

『新宿「性なる街」の歴史地理』(三橋順子/朝日選書)
 だが赤線となると東側に集中している。浅草に大正時代にあった銘酒屋(めいしや)と呼ばれる私娼窟が、近代都市計画によって墨田区の玉ノ井に移転させられ、カフェー街となった。しかし、それが戦災により壊滅。戦後も復活したが店の数は減り、代わって墨田区の鳩の街、江東区の亀戸、葛飾区の亀有、立石などに分散した。

 また、戦後、米軍相手の慰安施設が各地にでき、それらがその後、警察により日本人向けの赤線地帯に指定された。上記の場所に加え、吉原、新宿、北千住、品川、洲崎といった江戸・明治以来の遊郭はもちろん、葛飾区の新小岩、江戸川区の小岩などが赤線地帯になった。そして、それらは東京の下町に多く分布したのである。23区内の西側では大田区の武蔵新田にあっただけらしい。西側には高級な住宅地が多く、支配階級の人々が多く住むので、赤線地帯のようなモノはできるだけ東側の下町に固めておこうという意図があったのかもしれない。

 ただし、警察が指定した赤線地帯とは別に違法な青線地帯もあったが、これは違法であるだけに、どこにどれだけあったかははっきり言えない。中央線沿線など西側の東京でも、米軍基地のあった立川はもちろんだが、三鷹、吉祥寺、西荻窪、阿佐ヶ谷、中野にも、ここは青線だった、チョンノ間があったという地域が、狭いけれど、今も残っている。

赤線地帯の分布地図(週刊朝日1952年3月23日号。三橋順子著「新宿 性なる街の歴史地理」より転載)

旧赤線の亀戸に行ってみると風情のある光景が


『新宿 性なる街の歴史地理』はこの下町の赤線地帯についてよく調べている。見たことのない地図や写真も多く掲載されており、興味をそそる。

古本で見つけた亀戸の赤線地帯の写真

 そこで私も、赤線地帯のひとつ、亀戸に行ってみることにした。亀戸の赤線地帯は亀戸天神の裏手、北側にあったそうだ。そういえば数年前に下町散歩の本を書くための取材に行ったことがある。今も料理屋などがあり、昔の風情が残っている地域だが、赤線地帯としてじっくり見たことはなかった。

東京・亀戸に奇抜な建築物が目立つ理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、下町亀戸天神船橋屋の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合