NEW
高杉康成「コンセプト・シナジーな経営戦略」

インダストリー4.0なんて“机上の空論”だ…日本の工場は、とっくの昔から導入

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 第4次産業革命(インダストリー4.0)という概念。今ではその言葉があちこちで見られるようになってきました。しかしながら、このインダストリー4.0(以下、「4.0」)は本当に「革命」となるのでしょうか。あるいは「単なる空想」なのでしょうか。本テーマ2回目の今回は、4.0におけるIoTの役割について見ていきたいと思います。

 IoT(Internet of Things)とは、あらゆるモノがインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービスなどの総称です。今ではスマートフォンのみならず、自動車、自動販売機、建設機械などさまざまなモノがインターネットにつながるようになり、単なるデータ通信のみならず、遠隔監視、遠隔操作などのさまざまなサービスも増えてきました。

 このIoTの考え方は4.0の中核となっている考え方です。前回も述べましたが、4.0では「あらゆるものがインターネットにつながるIoTの技術を使い、各工場の製造装置をセンサーとネットワークでつなぎ、世界各地の工場をまるで1つの工場のように運用する」と述べられています。つまり、各工場の製造装置をセンサーとネットワークでつなぐことが、4.0の前提となっているのです。

 おそらく、この部分を読んだだけでは何も違和感はないでしょう。むしろ、センサー、ネットワークといったハイテク機器を使った大規模なシステムなので、大いなる期待を持つ人も少なくないでしょう。しかしながら、ここに落とし穴があるのです。

 筆者は、世界的にも有名な工場用センサーメーカーの新商品の企画を担当していました。その経歴から、工場で使っているセンサーの種類、原理、技術について、ほぼすべてを把握しています。また、自動化で必要となる産業用モーター、工作機械など機械、完成品、部品の新商品開発などのアドバイスも行ってきました。つまり、工場で使っているさまざまな機械、センサーに関して膨大な知識、情報を持ち合わせています。言わば、工場の自動化、IoT、センシングのプロフェッショナルです。

 その視点でみると、4.0におけるIoTの発想は、まさに「森を見て木を見ず」の「空想」であり、現場の実態を知らない人たちがつくった「机上の空論」なのです。それでは、どこがどう「空想」であり「空論」なのか見ていきたいと思います。

インダストリー4.0なんて“机上の空論”だ…日本の工場は、とっくの昔から導入のページです。ビジネスジャーナルは、連載、IoTインダストリー4.0スマートフォンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事