NEW

彗星の接近、巨大地震等の自然災害や人類の動乱をもたらす?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国史上最大規模のニューマドリッド地震

 
 アメリカで発生する大地震といえば、環太平洋火山帯に属するアラスカとカリフォルニア、そして火山活動のホットスポットであるハワイを震源とするものばかりが思い浮かぶ。だが、歴史を振り返ると、意外にも中西部ミズーリ州で米国史上最大ともいわれてきた地震が発生している。

 時は1811年12月16日午前2時15分、マグニチュード7.5~7.9の巨大地震がアーカンソー州北東部を襲った。だが、これは始まりにすぎず、その6時間後にはM7.4の大地震が再び同地区を襲った。余震が続くなか、翌年1月23日にはM7.3~7.6の大地震がミズーリ州ブートヒールを、2月7日にはついに最大規模M7.5~8.0の大地震がミズーリ州ニューマドリッドを襲った。最初に地震が発生してから余震は1万回近く発生したといわれる。地震の震源は、ミズーリ州、アーカンソー州、テネシー州との境界付近にあり、いずれもニューマドリッド郊外といえる場所である。そのため、この一連の巨大地震はニューマドリッド地震として知られている。

1811年の大彗星。ウィリアム・ヘンリー・スミス画。

 ニューマドリッド地震の破壊力は凄まじいもので、ミシシッピ川を数時間逆流させ、沿岸にあったインディアンの村を丸ごと飲み込み、ニューマドリッドの南25キロの場所に巨大なリールフット湖をつくり上げたのである。このように大地殻変動すら生み出した地震の揺れの範囲は、300万平方キロメートルに及び、ワシントンDCのホワイトハウスでも感じられ、ボストンでは教会の鐘を鳴らした。ちなみに、日本の国土が約38万平方キロメートルのため、いかにこの地震が大きなものだったのかがわかるだろう。そのため、一部の研究者らは、マグニチュードの値があまりにも少なく見積もられており、実際はもっと大きな規模だったのではないかと疑っているほどである。

ニューマドリッド地震

彗星は大地だけでなく人の心をも揺り動かす?

 なぜこのような巨大地震がアメリカ中西部で発生したのか? 実は、現在でもわかっていない。だが、原因として有力視されているのは彗星の大接近である。

 ニューマドリッド地震が発生した1811年、肉眼でもはっきりと見える彗星が現れ、翌年にかけて260日間に及んで観測されたのである。もっとも明るく観測されたのは1811年10月だった。この彗星は、推定約30~40キロの核を持ち、核周囲の星雲状のコマと呼ばれる部分は太陽よりも50%も大きく、実に巨大なものだった。当時、アメリカでは「テカムセの彗星」、ヨーロッパでは「ナポレオンの彗星」と呼ばれたが、今では「1811年の大彗星」と呼ばれている。

1811年の大彗星。ウィリアム・ヘンリー・スミス画。

彗星の接近、巨大地震等の自然災害や人類の動乱をもたらす?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事