NEW
工藤貴宏「幸せになるためのクルマ選び」

高速道路“最高速度120km/h時代”のクルマの選び方&走り方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高速道路の様子(※今回、制限速度が引き上げられた道路ではありません)

 日本の道路行政にとっては、実に大きな第一歩だろう。2019年3月1日から、高速道路の一部区間で最高速度が120km/hへ引き上げられたのだ。

 引き上げとなる区間は、17年11月から“試行”として最高速度を110km/hへ引き上げていた、新東名高速道路の新静岡インターチェンジから森掛川インターチェンジ間約50kmと東北道の花巻南~盛岡南IC間の約27km。日本初の高速道路が開通した1963年から2017年11月まで50年以上にわたり最高速度が100km/hに制限されていたことを考えれば、一部区間のみとはいえ120km/hへの引き上げはとても大きな出来事なのだ。

 その背景にあるのは、速度と事故の関係だ。多くの人は「制限速度が上がると事故が増える」というイメージを持つかもしれないが、実際はそうではない。制限速度を管轄する警察庁は該当区間で制限速度を110km/hへ上げた前後1年間で交通事故の増減をきちんと検証しており、事故発生件数も死傷事故率に関しても「大きな増加なし」として、今回の120km/hへの引き上げにつながったのだ。

 ちなみに、事故発生率に関しては興味深いデータがある。18年のゴールデンウイークにおける西日本高速道路(NEXCO西日本)管内の統計では、事故は通常に流れている状態よりも渋滞中のほうが約30倍も多く発生している。事故が発生した際の被害規模が速度とともに増すのは事実だが、「速度が高ければ事故が増える」というのは、単なる思い込みに過ぎないのだ。

 今後は、120km/h制限区間がさらに広がっていくことだろう。

「軽で高速を走ると疲れる」理由とは?


 とはいえ、制限速度が120km/hになったからといって、必ずしもすべてのクルマが120km/hで走る必要はない。あくまで“上限速度”であり、たとえば大型車の制限速度はこれまで同様に80km/hのまま。高速道路で流れを乱すのは危険行為以外の何物でもないが、速度を上げることが怖いと感じるのであれば、大型トラックにあわせた速度で走ればいいだろう。その際に忘れるべきでないのは、後方の車両から煽られるのを防ぐために必ず左車線を走ることだ。

 もちろん、現在日本で販売されている乗用車は、ごく一部の例外を除き軽自動車でも120km/hまで速度を出すことができる。ただし、勘違いすべきでないのは「出すことができる」と「余裕を持って走る」はイコールではないということ。

 ストレートにいえば、一般的な軽自動車で120km/h巡航するのは厳しい。そもそも、軽自動車はターボエンジン搭載車両以外は出力に余裕がなく、120km/hまで速度を上げるのが楽ではない。また、100km/hを超えるような速度で走ることを重視して車体やサスペンションがつくられていないので、高速走行時の直進安定性に優れておらず、「ふらつき」を感じやすいのだ。その上、はやりのハイトワゴンは車体側面の面積が大きいので横風の影響を受けやすく、大型トラックやバスを追い越す際のちょっとした風の変化でも車体が不安定になることがある。これもふらつきの原因となる。

 ときどき「軽自動車で高速道路を走ると疲れる」という人がいるが、その理由は上に挙げた「エンジンの力不足」と「車体の不安定」に起因するもの。力がないから車線変更などに必要以上の気を使い、安定しない車体を走らせるためにはドライバーが無意識に多くの修正操作を行い、それが疲れを誘発するのである。

 安く売られることを前提につくられた一部のコンパクトカーも、軽自動車と同様の状態だと考えていいだろう。

高速道路“最高速度120km/h時代”のクルマの選び方&走り方のページです。ビジネスジャーナルは、連載、自動車速度高速道路の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事