NEW

残念な西武新宿線…乗り換え難しい、相互乗り入れナシ、駅ナカショボい、その理由を考察

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ごった返す夕刻の西武新宿駅。右手前の各停・上石神井(かみしゃくじい)行き30000系車両の奥を、急行・新所沢行き2000系車両が発車する。西武新宿線といえば、2000系のこの黄色い車両のほうがポピュラーか。

 2000年代以降、各路線の直通運転の実現、東京メトロ副都心線などの新線・新駅の誕生、渋谷駅のようなターミナル駅の大改装などにより、首都圏の鉄道路線は加速的に利便性、快適性を増している。

 JR山手線の50年ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ駅」は、2020年春に開業予定である。またこの2月には、JR東日本による、羽田空港と東京都心のターミナル駅を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」の建設計画が大きく報じられた。実現すれば、羽田空港に建設される新駅と東京駅とは約18分、新宿駅とは約23分で直結されるという。

 その一方でつい先日、こうした流れとはおそらく“真逆”の、あるニュースが報じられた。

『西武新宿線「幻の複々線化」正式に中止へ 「無期限延期」から四半世紀』(5月22日配信の「乗り物ニュース」より)

 西武新宿線。それは、都心を走りながらも、業界の流れからほぼ唯一、取り残されている鉄道路線である。西武新宿駅(東京都新宿区)と本川越駅(埼玉県川越市)とを結ぶこの路線は、共に西武鉄道の2本柱を形成する西武池袋線と比較しても、あるいは他の私鉄と比べても、なんとも残念な要素にあふれており、沿線住民をモヤモヤさせている。本稿では、そのあたりの残念ぶりを検証してみたい。

我らが西武新宿線・30000系車両の内部。左奥の広告は、西武新宿線利用者にとってはおなじみの、新宿・歌舞伎町のオスローバッティングセンターの宣伝ポスター。西武新宿駅から徒歩1分の距離にある。
夕刻の西武新宿駅改札前。JR新宿駅は遠い。

【モヤモヤ要素1】他の路線とほとんどつながっていない

 2000年代以降、首都圏の地下鉄を含む私鉄の再編成が進み、今までおよそ縁遠かった2つの駅が直通電車で結ばれるケースが目立っている。ところが、西武新宿線はどの路線とも乗り入れをしておらず、今後もそのような動きは見られない孤高の存在だ。

 もちろん都心を走るに私鉄のなかには、東京メトロ銀座線、同丸ノ内線、京王井の頭線、東急大井町線など、他路線との相互乗り入れをしていない路線はほかにもある。だがこれらの路線は、沿線に名だたるブランド駅、ターミナル駅を擁しているか、いくつもの駅で平易に他線に乗り換えができるかで、およそ“不便”という言葉には結びつかない。

 一方、西武新宿線は、東京都区内に限っていえば、乗り入れどころか他路線に乗り換えすら十分にできないという残念な環境がある。23区内14駅のうち、広義で“乗り換えが可能”といえるのは、西武新宿駅など、わずか3駅のみなのだ。

 そのなかで、西武新宿駅は歌舞伎町にあるため、“新宿”を冠した他の駅とは大きく離れている。どの路線に乗り換えるにしても、電車を降りたら最低10分程度は歩かなければならない。

JR山手線、および東京メトロ東西線への乗り換えが可能な高田馬場駅。

 高田馬場駅は西武新宿線にとって唯一無二の存在。JR山手線へのスムーズな乗り換えが可能だからだ。西武新宿駅での乗り換えが不便すぎるため、沿線住民にとっては、高田馬場が都心への玄関となっている。

 しかもこの高田馬場駅は、東京メトロ東西線へも比較的イージーに乗り換えが可能。もし、西武新宿線が他の路線と乗り入れが実現するとしたら、唯一可能性がありそうなのが東西線だろう。実は過去に相互直通運転計画が浮上したことがあったが、15年以上経った今も都市計画としては何も決まっていない。もはや、なかったことになっている様子だ。となると、西武新宿線は今後も孤立したままなのだろう。

 都営大江戸線に乗り換えが可能なのが中井駅だ。しかし、こちらにも実に西武新宿線的な大きな問題がある。それについては別項で詳しく触れたい。

残念な西武新宿線…乗り換え難しい、相互乗り入れナシ、駅ナカショボい、その理由を考察のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、乗り入れ西武新宿線鉄道首都圏の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事