NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

Twitter、ネガティブな気分の際にそれをつぶやくと、通常の気分に戻るとの研究結果

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 昨今、電車に乗って車内を見渡してみたときに、ほとんどの乗客がスマホを見ていることに驚かされます。昭和から平成になって、もっとも変わった風景のひとつといえるでしょう。また、食事など人が集まる席でも、同席している人全員が、会話もせずにスマホを見ているなんていう光景も珍しくありません。

 もちろん、現代の生活において、スマホは自分の頭脳、そして生活の一部となっているわけですから、その有用性や必要性はいうまでもありません。必要な情報の受信・送信はもちろん、自分の好きな漫画や本を読んだり、好きな人とメールをしたり、ストレス解消のために役立てたり、ゲームをして暇を潰したり、いろいろと役に立つ、便利な魔法の機械として私たちの生活にしっかりと根づいています。もはや自分の分身といってもいいでしょう。

 スマホをどう使うかは、もちろん、個人の自由であることは間違いありません。ただ、スマホを何の目的で使うか、どう使うかということについて、そして私たちの精神衛生的な側面にはどのような影響があるかについては、少々検討する余地がありそうです。というのも、無意識のうちに私たちの心に少なからず影響を与えている可能性があることを示す研究がいくつかあるからです。

つぶやきは精神衛生上、悪くない?

 まずは良い話から。何か嬉しいことがあったとき。そして、ちょっと嫌なことがあったとき。ネガティブな気持ちになったとき、そういった感情の浮き沈みがあると、ふとSNSなどでつぶやきたくなることがあります。これ、実は精神衛生をコントロールする上では悪くないのです。特に気分がネガティブなときは、ぜひその感情をつぶやいてください。つぶやきには、ネガティブな気分を解消する効果があるのです。

 それを実証したのが、中国・アメリカ・オランダの研究者らが共同で、7万4,487人のtwitterユーザーを対象に行った調査です。ポジティブな気分のときに自分の気分に関してつぶやくと、1時間ほどで通常の気分に戻ります。逆にネガティブな気分のときに自分の気分に関してつぶやいた後は、10分ほどで通常の気分に戻り、それが1.5時間程度続くことがわかりました。いずれにしても、つぶやくことでポジティブな感情が上昇し、ネガティブな感情が減少するようです。また、女性のほうがその効果が強く観察されるとのことです。ですから、即効性のある気分回復法であることは間違いないようです。

Twitter、ネガティブな気分の際にそれをつぶやくと、通常の気分に戻るとの研究結果のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事