NEW
木更容子「やっぱり女子!」

「シミが消えた!」→再び出てきて再びレーザー&フォトフェイシャルの“無限ループ”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

レーザー」と「IPL」。なんのことだかわかります? 「レーザー」といってもレイザーラモンHGではないですよ。

 女子の世界では「レーザー」は、にっくき「シミ」を消す飛び道具。「シミ」は大多数の女子にとって一生の敵。消しても消しても浮き上がってくる。そんなゾンビみたいな「シミ」に対抗できる、唯一の武器ともいえるのが「レーザー」なのです。飛び道具というのも、言い過ぎではありませんよ。本当にシミを焼き取って消すんです。痛そうですか。そりゃ、痛いです!

 美容界において「レーザー」は、特定の波長をもつ光線(いろいろな種類があります)を使用し、色素沈着などの症状を改善する治療の総称といえます。とくに、濃くてハッキリとしたシミに有効とされています。照射はバシッとほんの一瞬なのですが、火傷と同じなので、カサブタになります。痛いです。

 しかし、本当のクライマックスは、このあと。カサブタがはがれると、あ~ら不思議。「シミが消えた」と思うほど、キレイな皮膚が現れるんです。それで、「シミ」が消えるのなら、めでたしめでたし。

 ところが、そうは問屋が卸さない。シミによっては、一度や二度の施術では消えず、何度も繰り返してやっと消える場合や、ついには消えずに残る場合も。いや、1回で消えるほうが稀といえるかも。むしろ、少ない回数で済めばラッキーくらいに考えておいたほうがいいかもしれません。もちろん、何回も繰り返せば費用も時間もかかります。最近は価格崩壊による激安設定も多く見かけますが、ミニマム料金では済まないケースが多数です。

 さて、もうひとつ「シミ」への対処法には、「IPL」というものもあります。こちらも光は光なんですが、もっと範囲の広い波長の光を利用する治療の総称。「フォトフェイシャル」などが有名です。薄い小さなシミがたくさんある場合にお勧めされがちです。ですが、シミが消えるかは、ハッキリいってビミョウです。繰り返すことで徐々に薄くなっていく、などといわれますが、ハッキリいってビミョウです。ですが、一瞬ですがカサブタがはがれると、あ~ら不思議、「シミが消えた?」と思うほど、キレイな皮膚が現れるんです。もって2週間くらいでしょうか。かなり短いです。 

 でも考えてみたら、この「あ~ら不思議」が最大の魔力なのです。一瞬とはいえ「シミが消えた」と思うほどキレイな皮膚が現れ、年末の大掃除みたいに「シミ」が一掃されるのですから。ほとんど肌の「ときめきの片付け術」ですよ! 一度でも体験したら、もうダメです。私の友人にもやめられない人が多数です。お金が続く限りですけどね。こういう施術は、金の切れ目が縁の切れ目です。

 でも、きっと女子はそんな「ときめき」が欲しくて、今日も「レーザー」や「フォトフェイシャル」の情報を、ポチッてやっちゃうんですよね。ワタシも。
(文=木更容子/美容ジャーナリスト、美容コメンテーター)

「シミが消えた!」→再び出てきて再びレーザー&フォトフェイシャルの“無限ループ”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事